--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

23

コメント

家族のために働くということ。

エジプトには今、リビアに出稼ぎに行っていたエジプト人が、続々と帰国してきています。

先日、リビアでエジプト人出稼ぎ労働者21人がイスラム国メンバーによって処刑される映像が公開されたのを受けてのことです。

エジプト政府は帰国者のためにバスやら飛行機やらを用意し、チュニジア経由で帰国できるようにチュニジアにまで飛行機を出して、円滑な帰国を促しています。かなり異例の待遇です。

この事件の前から、リビアでは多数のエジプト人出稼ぎ労働者が殺害されたり誘拐されたりしてきました。集団で殺害され遺体が発見される、といった事件も数度あります。狙われるのは特にキリスト教徒(コプト教徒)が多かったので、イスラム過激派によるものだろうといわれてきました。

カダフィ失脚後のリビアは完全な戦国時代で、もともとの部族社会の封印が解かれた上に大量の武器が出回り、そこにイスラム国も食指を伸ばして、もう手のつけられない状況に陥っています。それでもたくさんのエジプト人が死の危険を冒してまでリビアに働きに行っていたのは、お金のため、家族のために他なりません。

エジプトは本当に貧しい国です。アラブの大国とか、世界の中心とかいって踏ん反り返っていますが、大きいのは人口規模くらいで、中東の中でも最も貧しい国のひとつです。餓死する人がほとんどないないのは、国が補助金を出して主食のパンを安く売っているからで、このジリ貧制度がなくなったら暴動が発生するだろうこと必至の、ギリギリ国家です。国民の1割ほどは出稼ぎに出ていて、リビアも主要な出稼ぎ先です。

先日殺害された21人のうちの多くは、ミニヤー県のアウルという貧しい村出身者でした。結婚していた人が多く、自分のような貧しい暮らしを子供達にさせたくないという思いから、決死の覚悟でリビアに働きに行っていたそうです。家族の言葉は、涙なしには聞けません。



イスラム国を始めとするイスラム過激派は、唯一神の命令という大義にもとづき、全世界をイスラム化させるという至上目的のために殺戮を重ねていますが、その犠牲になっている人々の多くは、そんな大義や目的とは無縁の、ただただ家族のために毎日身を粉にして働くお父さんだったりするのです。

あー、もう、ほんと嫌だ。
(自分でも気づいていますが、この「ほんと嫌だ」というの、私の最近の口癖です。。。)

今日も、この数日間にエジプトで発生したテロ関連事件を書き出しておきます。

・ 21日、シャルキーヤで音だけの爆弾が爆発
・ 21日、ベニスウィーフで車の下に仕掛けられていた爆弾が爆発、3人死亡
・ 21日、シャルキーヤのザカーズィークで警官の車の下に仕掛けられていた爆弾が爆発
・ 21日、シャルキーヤで偽爆弾発見
・ 21日、スエズでスエズ石油の技術者らの所有する8台の車に、テロリストが放火、炎上
・ 22日、カイロとアレクサンドリア間の鉄道で爆弾が爆発
・ 22日、カイロの5月15日地区セントラルに火炎瓶6発が投げつけられ、火災が発生
・ 22日、ブハイラでテロ容疑のムスリム同胞団員6人を拘束
・ 22日、ガルビーヤの消防署で爆弾が爆発、負傷者なし
・ 22日、シナイのテロ掃討作戦でテロリスト4人が死亡
・ 22日、ギザのドリームランドで偽爆弾発見
・ 23日、シナイでテロリスト5人を拘束

一方、革命的懲罰運動は、以下のような攻撃を行ったとしています。

・ 20日、ベニスウィーフの裁判官クラブで爆弾を爆発させる
・ 22日、ファイユームの軍警察建物で爆弾を爆発させる

こちらの大義は、「神の命令」ではなく「革命」ですが、小規模ながらも人を殺傷しようと攻撃を行っている点ではイスラム過激派と同じです。

歴史を振り返れば(私はもともと歴史学から始めたので)、軛からの自由、解放、自衛、権利、宗教などなど、様々な大義名分のために人と人が殺しあい、その結果今の世界があることはわかるのですが、それぞれの時代を生きてきた人々のほとんどは、「そういうのどうでもいいから、早く戦争おわんないかな。。。」と思ってたんじゃなかろうか。

そんな風に思う、今日この頃です。

08

06

コメント

虐待夫を密告した妻とファトワー

数日前、エジプトでは孤児院を経営していた男が、孤児達を虐待していた罪で逮捕され、そいつがとんでもない奴だったということが徐々に明らかになってきています。

もとはテニスのコーチをしていたという、このウサーマという男。

孤児達に対して殴る蹴るといった肉体的虐待、暴言を浴びせるといった精神的虐待を日常的に繰り返していた他、政府からの補助金の横領、寄付金の着服など、あらゆる悪事を尽くしてきたそうで、それを警察に告発したのは他でもない、この男の妻でした。

彼女のインタビューが今日のワタン紙に掲載されているのですが、個人的に興味深かったのは、彼女がこの問題について悩んだ際に相談したのが、ファトワー発行局(دار الافتاء)の相談所だったという点です。

1ヶ月程前、カイロにある学術振興会のセンターでファトワーに関する講演をしたのですが、この事件がその前に起こっていたら、そこで絶対に言及していました。

エジプトのファトワー発行局というのは政府の官庁のひとつで、ここのトップを大ムフティーと呼び、彼がエジプトにおけるイスラムの最高権威者のひとりとされています。

(スンナ派イスラムは信徒全ての認めるヒエラルキーがないのが特徴なので、あくまでも「最高権威者のひとり」にすぎないのですが・・・)

ファトワー庁では、特定の政策や社会問題等についてファトワー(つまり、イスラム法的見解)を発行する他、一般市民からの質問を受け、それに対してファトワーを発行するという活動も行っています。

ウサーマの妻は、この制度を利用したわけです。

かねてより、夫の孤児達に対する暴力を知り、どうすればいいか悩んでいた彼女は、ファトワー発行庁に赴き、次のように相談したそうです。

「私の夫は、たいへんな悪事をはたらいています。自分の経営する孤児院に住む孤児達を、虐待しているのです。私はその虐待の場面を記録したビデオを手に入れました。でも夫は、もし私がそのことを誰かに告げたら、私を離婚すると言っています。私はそれでも告発すべきでしょうか、それとも、虐待を受けている子ども達を放置すべきなのでしょうか?」

これに対して、相談を受けたムフティー(ファトワー発行者)は以下のように返答した(ファトワーを発行した)そうです。

ムフティー 「ただちにあなたの夫を告発しなさい。」

妻 「でも離婚が。。。」

ムフティー 「地獄に行くよりは離婚のほうがましです。」

このファトワーを受け、彼女は社会連帯省の担当者に相談し、最終的に警察に夫を告発、警察はただちに夫を逮捕し、この事件が明るみになりました。

ファトワーというのはあくまでも、イスラム法に立脚した見解にすぎないので、イスラム法が施行されていない現代エジプトにおいてそれが何の役に立つのか?と思われる方もいるかもしれませんが、このようなかたちでムスリム達の悩みにアドバイスを与え、それが具体的に問題の解決につながるというケースもあります。

もちろん、逮捕された夫は、イスラム法ではなくエジプト刑法にもとづいて罰を受けることになります。

奥さん、勇気ありますね。

孤児達は長く続いた精神的、肉体的虐待のせいで、心身ともに深く傷ついているそうです。

できるだけ早く、癒されますように。。。

04

13

コメント

無敵のシシにライバルなし?!

今日のエルマスリ・エルヨウム紙は、昨日までにインターネット上に寄せられた、次期大統領として誰を支持するかについての票の集計結果を掲載しています。

これによると、各人の獲得票は、

シシ前防衛大臣 407430票
サッバーヒー 20670票
ムルタダー 570票
シャフィーク 224票
サーミー・アナーン 49票
ムバラク元大統領 35票
バラダイ 23票
モルシ元大統領 8票
ハーゼム・サラーフ 2票
アブトレイカ 1票

とのこと。

一瞬、あれ?サッバーヒー、結構健闘してる?!なんて思ったのですが、目の錯覚で、一桁違いました・・・。

シシの圧勝です。

サッバーヒーはクフル・エルシェイフ県の出身で、ここではどの県よりも多くの票を獲得しているのですが、それでも4762票にすぎず、同県でシシが獲得している17546票と比べると、惨敗状態。

それはさておき。

ムバラク、モルシという、二人の元大統領を次期大統領に!という声がまだまだ少数ながらあることは理解できても、ハーゼムとか、アブトレイカとかはちょっと、冗談キツすぎるでしょ・・・笑。

このままいけば、来月末に行われる大統領選挙では、まちがいなくシシさんが当選することになるわけですが、ここへきてエジプトの抱えているいろんな問題が、また更に深刻さを増してきています。

特に3月は、インフレ率が9%を超えてきていて、これはもしかしたら暴動が発生するんじゃないか?!、と私なんかは危惧してしまうくらい、日用品の値段が急上昇しています。

3月末には、いつも行っているカフェのメニューが一律3割程度値上げされたり、スポーツクラブの娘のレッスン料がこれまた3割程度値上げされたり、日用品以外のものにも値上げの嵐が・・・。

単純に考えて、日頃買っていたモノが一律1割程度値上げされるということは、収入も1割増えないとこれまで通りの生活はおくれないことになるわけで、収入が増えない以上、これまでよりも貧しい食生活を強いられる市民が増えているのが現状です。

エジプトは、パンやガソリンといった生活必需品には、多額の補助金を投入して、価格を安く押さえるという政策を伝統的にとっているのですが、こちらもそろそろ本格的に立ち行かなくなりそうな予感が・・・。

不思議なことに、エジプト人の多くは、パンやガソリンが異常に安価で売られているのは、補助金が投入されているからだ、というしくみを全く理解していないので、安価なパンが手に入らなくなったり、値上げされたりした日には、大暴動が発生すること必至。

というか、逆に言うと、今まだ暴動が発生していないのは、激安パンが流通していて、手に入るからなわけでして。

国の財政が逼迫している中、国民の期待を一身に背負って誕生することになるシシ大統領ですが、先日自分でも言っていたように、彼は魔法使いではないわけで、インフレをストップさせるとか、予算がないのに補助金は投入し続けるとか、到底できそうにないことをやらなきゃいけない状況をいったいどう乗り切るつもりなのか・・・他人事ではありながら、考え込んでしまったりします。

先日エジプトは再度、IMFとの交渉をスタートさせましたし、まあ、あれこれ考えてはいるのでしょうが。

治安面から言うと、次期大統領としてシシ以上に最適な人物はいないと断言できるのですが、市民にとって一番大切なのは、毎日ちゃんとごはんが食べられることだったりする、というのもまた真実です。

本当に大変だなあ・・・。

04

04

コメント

パンが値上がりする日

IMFのエジプトに対する融資実行の条件が、徐々に明らかになってきました。

エジプトの独立紙ワタンالوطنによると、その条件とは

1)物価を上昇させること
   特にタンク入りガスなど原油関連製品の値上げ
2)補助金の打ち切り
   特に生活必需品、電気、パンに対する補助金政策の打ち切り

の二つだそうです。

しかしパンに関してだけは、国民の怒りが爆発することを回避するために、補助金政策の打ち切りを次の議会選挙後まで先送りする、とのこと。

このようにサラっと書くと、たいしたことのない条件のように見えてしまうかもしれませんが、これはエジプトにとってはものすごく厳しい条件です。

以前も書いたように、エジプトは小麦粉や砂糖、油、米といった生活必需品の他、電気、パン、ガソリン、軽油など、様々なものに対して政府が補助金を支払うことにより、それらを安価で国民に提供する、という政策を長らくとってきました。

特にパンは、一枚5ピアストル(1円未満)という激安価格。1ポンド(14円程度)あればパンが20枚は買えるわけで、貧しい人々にとってはこのパンが生命線のようなものです。この激安パンはいつでもどこでも買えるわけではなく、これを一定量買うためには、毎日激安パン屋の前の長い列に並ばなくてはなりません。

こうしたことを勘案した上で、パンだけは値上げを先送りするということのようですが、この件と関係して、今日はこんな記事も掲載されていました。

DSC05045.jpg

ムスリム同胞団が1枚5ピアストルでパンを売るよ、という広告を出している、という記事です。そのためのパン屋ももう確保済みとのこと。

これは普通に考えると、ものすごく妙な話です。

この価格は政府の補助金ありきで保証されている価格なわけで、なんでそのパンを同胞団がわざわざ仲介して売るのかというと、人々に「同胞団が安値のパンを売ってくれている」という恩をきせるためだとしか思えません。

つまりこれは、公金を使っての同胞団および自由公正党の宣伝・・・といってよいでしょう。

せこい・・・なんてせこいんだ、ムスリム同胞団?!

こういうのを、「横領」というのではないか?!

政権維持したい→でも経済問題解決できない→同胞団のせいだって言われたくない→貧乏人に優しい同胞団というポーズをとり続けるにはどうすればいいだろうか?→安いパンは同胞団が売ってくれるってことにしよう!!

こういう感じ?

IMFはエジプトに対して既に、48億ドルの融資を約束しているのですが、上記の条件をエジプト側が受諾した場合に限り、その半額を融資することになる、と言われています。また条件を受諾しなかった場合には、4500万ドルの緊急融資しかしない、ということのようです。

エジプトは現在、財政破綻寸前、IMFからの融資はそれを回避するために必須という状況にあります。

エジプト政府の反応は言うまでもなく、それに連動して、同胞団がどんな手をうってくるか、見逃さずにいたいと思います。

03

18

コメント

恐るべき停電の予感

エジプトは今夏、ものすごい電力不足に見舞われることになりそうです。

エジプトは1年の半分以上が夏で、しかもかなりの酷暑なのですが、電力不足=停電頻発=エアコンが使えない、ということで、相当深刻な事態に陥りそうです。

なぜ電力不足&停電が予想されているかというと、エジプトが貧乏すぎて、発電に必要な燃料を買うことができないからです。エジプト天然ガス会社によると、

 エジプトが一日に算出する天然ガスの量=57.5億立方フィート
 エジプトが一日に消費する天然ガスの量=65億立方フィート

だそうで、ということはつまり、

 エジプトが一日に輸入しなければならない天然ガスの量=7.5億立方フィート

なわけですが、何しろお金がありません。石油大臣によると、「来期、発電所に必要な燃料は25%不足する」そうなので、ものすごく単純に考えると、一日のうち4分の1、毎日6時間停電することを覚悟しておかなくてはならないことになります。

外国から天然ガスを輸入するには、当然外貨が必要なわけですが、エジプトにはその外貨が全然ありません。ムバラク政権崩壊直前の2010年12月時点で360億ドルあった外貨は、革命後からどんどん減り続け、2012年12月には150億ドルになり、今年の2月末には135億ドルにまで減少しました。

エジプトは天然ガスの他に、原油や小麦など、人々の生活に必要不可欠なものを多く輸入に頼っています。エジプト政府はこれらをドルで購入し、それに多額の補助金をつけることによって、ガソリンやパンを非常に安い価格で人々が購入できるようにするという「補助金政策」を通し、長年エジプト国民の支持をとりつけてきました。これらを輸入する為には、1ヶ月に50億ドルが必要だとされています。

つまり、エジプトに新たな外貨流入がない限り、単純に考えるとエジプトの財政は3ヶ月を待たずに破綻することになります。実際には細々と外貨収入がある(スエズ運河通行料や海外在住エジプト人からの送金など)ので、さすがに3ヶ月では破綻しないとは思うのですが・・・。実際、今年の1月から2月までの1ヶ月間に減少した外貨高は1億ドルだけ(?)です。

とはいえ、現状を打開するためのほぼ唯一の策は、IMFから融資を受けることです。

ムバラク時代だったらサウジアラビアがいくらでも融資してくれそうですが、今のムルシー政権とサウジは仲が悪いので、こちらは全く期待できそうにありません。革命前までは潤沢にあった外国からの観光収入も、落ち込んだままです。

IMFは48億ドル融資実行と引き換えに、エジプト政府に緊縮案の実施を条件付けているものの、この立案と実施が困難とされているため、いまだに融資の実行には至っていません。

というものの、

1)緊縮策は補助金政策の見直しや増税案を含むとみられ、国民の不満を爆発させる危険がある
2)野党勢力が政府に全く非協力的で、緊縮策や財政再建策への政治的合意の成立が困難

だからです。

先日、ケリー米国務長官がエジプトを訪問した際に、2.5億ドルの融資を約束しましたが、これっぽっちでは全然足りません。しかも、全然交渉が進まないエジプトを心配したIMFが「緊急融資」をしようか?と提言したにもかかわらず、エジプト政府はきっぱりとこれを拒否・・・。

IMFとの合意に必要な「痛みを伴う改革」の実行のためには、何よりもまず政治的合意が必要なわけですが、4月に予定されていた議会選挙は裁判所の介入で先送りされ、いつ実施されるかもわからず、しかも主たる野党勢力はそもそも「議会選挙はボイコットする!!」と早々宣言する始末。野党勢力は、「そもそもIMF融資と引き換えにエジプトがやらなきゃいけない改革って何なわけ?それ、まずはっきりさせてよ」と政府に迫っているのですが、それは確かに一理あります。

ムルシー政権は、形式的にはどんな法案も改革も成立させることはできます。でもこんな状態でムルシー政権が改革を断行すれば、今まで激安価格で買えていたパンやガソリンの価格が高騰し、国民が怒り狂うことは必至なわけで、それに野党勢力が便乗して「革命だ!!」とか騒ぎだすのも容易に予想されます。

かといって、IMF融資がないと、エジプトは近い将来破産しますし、それ以前に、エアコンが使えなくてエアコン暴動が起こりそうな気もします。酷暑の7月にはラマダンが始まり、エジプト国民の殆どが水すら飲めない(飲まない)状態で日中を過ごさねばならない中、1日6時間(私の勝手な推計)も停電するとしたら、どれだけ大変か・・・想像するだに恐ろしいです。

このところエジプトがヤバい・・・というネタばかり書いている気がするのですが、本当にあらゆる側面においてヤバいのです。

・悪化する治安
・不安定な政情
・財政破綻寸前
・深刻な大気汚染 etc...

出口なし・・・

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。