--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

17

コメント

インターナショナルスクールの評価

3歳の娘がインターナショナルスクールに通い始めて、二ヶ月が経ちました。

カリキュラムやら行事やらについて、始業前には学校からの説明が殆どなかったため、いったいどんなことになるのやらさっぱりわからない状態でスタートしたのですが、さすがにだんだんと状況がつかめてきました。

まず、かなりいろいろな行事があります。

この二ヶ月だけで、観劇(ライオンキング)、インターナショナルデー(各国の父母がブースを出してお国のPR)、ハロウィンパーティー、運動会等々がありました。

どの行事も直前に通知がくるので、慌てて準備をすることが多いです。

「明日は運動会なので、必ず帽子をかぶって来て下さい」→帽子持ってないんだけど?!

といった感じ。

また驚いたのは、「明後日はハロウィンパーティーですが、仮装をして学校に来たい子どもは20ポンドの罰金を払って下さい」というお知らせ。

罰金?!

意味がよくわからず、先生に尋ねたところ、これは仮装をしてはならない、という意味ではなく、むしろ仮装をしてこないとクラスで浮いて寂しい思いをしますよ、とのこと。

今でも意味はよくわからないのですが、とりあえずこの罰金とやらを払って、娘にも仮装をさせました。

そして、いろいろ頑張ると、表彰状をくれます。

DSC_0012.jpg

DSC_0011_2013111717495965e.jpg

これらは娘からするとよほど嬉しいらしく、何十回も文面を読まされました・・・。

娘の学校運営に関して一番驚かされてたのは、かなりしっかりとした評価を定期的につけてくれる点です。

まず、毎週末、「態度」と「努力」について、

1)素晴らしい
2)よい
3)努力が必要

という三段階評価をつけてくれます。

DSC_0003_201311171749582c3.jpg

更に、1〜2ヶ月おきに、より詳細な評価票をくれます。

スライド2

1)個性、社会性、感情面での発達
2)数学的発達
3)世界についての知識と理解
4)コミュニケーション、言語、リテラシー
5)創造的発達
6)身体的発達

と複数の項目にわけられ、それが更に細目にわけられて、それぞれに「できる」か「学習中(つまりできない)」かの評価がつけられます。

また、先生から総評についてのコメントももらいます。

評価の方は、私から見て「できる」と思うところに、先生から「できない」と評価されている場合が多く、先生から見ると、もしくは学校では「できない」ことが多いのかな〜と認識するきっかけになりました。

細目には、「親離れができている」という項目があったりして、もちろん娘は「できない」なのですが、3歳児がこの項目で「できる」だったら、逆に恐いんじゃない・・・?なんて思ったり。

総評は、

「ウイはすぐに学校に慣れ、いつもクラスの活動に興味をもって参加している。コミュニケーションのスキルはよい。新しい活動に挑戦することを楽しんでいる。全ての活動に熱心にとりくみ、学校が好きなようだ。だがまだ指示に従うことを学びつつある段階にある。」

と、ごもっともな見解。

私としては、毎日楽しくやっているようだ、とわかれば、それだけで十分・・・

なのですが、自分の名前を書けるようになって、書いてみせてくれたり、有意味な絵を描けるようになったり、30まで数が数えられるようになったり、アルファベットだけでなくアラビア文字も書けるようになったりしていて、3歳でもいろいろできるものだなぁ〜と本当に驚かされます。

こんなように、学校でかなりあれこれ勉強しているようなので、帰宅後と休日はもっぱら運動に明け暮れています。
スポンサーサイト

10

24

コメント

学校のインターナショナル・デー

娘の通うインターナショナル・スクールで、インターナショナル・デーというイベントが行われました。

一週間ほど前に、校長から、「あなたの国を代表してブースを出したいようでしたら、ご連絡下さい」というメールが。

「出したいようでしたら・・・」って、つまり、「出せよ」ってことですよね(汗)?

ブースといっても、娘は今年入学したばかりで、なんのことやらさっぱりわからなかったため、私たちの他に唯一存在している日本人お母さんに連絡。

その方は去年もこのイベントを経験済みだったので、いろいろと教えてもらいつつ、日本ブースを出すことにしました。

食べ物が喜ばれる、とのことだったので、手っ取り早く「のり巻き」。しかも、生の魚を嫌う人が多いので、ネタは安上がりにツナ&野菜。

あとは折り紙をたくさん折って、子ども達が好きに持って行かれるようにしました。

当日の準備のようすは、こんなかんじ。

DSC_0074.jpg

真ん中のおじさんが、校長先生。狭めの中庭で、無理矢理イベント開催です。

小さな子ども達のクラスから、順番にブースを回ります。

DSC_0134.jpg

一番手前はエジプト。

DSC_0075.jpg

この学校はインターですが、生徒の9割はエジプト人なので、やはりこのブースが一番豪華・・・

なのですが、よくよく見ると・・・

DSC_0078.jpg

あれ?このウンム・アリー、お店で買って来ちゃいましたよね・・・(笑)?

ってか、他の食べ物も、全て業者発注の雰囲気が・・・(汗)。

こちらは、イングランド。

DSC_0079.jpg

一応ブリティッシュ・スクールだからですかねえ?

イングリッシュ・ケーキをご提供。

こちらは、オーストラリア。

DSC_0081.jpg

こちらは、リビア?

DSC_0085.jpg

写真展示?・・・このおじさん風の子どもは誰なのだ???

こちらは、中国。

DSC_0087.jpg

ん〜、こちらも、なにかくれるとか、そういう感じではなさげです。

こちらは、パレスチナ。

DSC_0090.jpg

お土産屋さん?!

こちらは、スウェーデン。

DSC_0094.jpg

ノーベルさんとかが、アピールされています。

こちらは、サウジアラビア。

DSC_0100.jpg

エジプト同様、業者発注のにおいのぷんぷんする(笑)、お食事をご提供。

サウジお母さんは、黒服を来てはいますが、ニカーブは被っていません。

こちらは、スロベニア。

DSC_0103.jpg

お待たせしました、こちらがジャパン。

DSC_0107.jpg

折り紙はいろいろ折ったのですが、一番人気は手裏剣でした〜。

DSC_0123.jpg

女の子には、服にリボンやハートをはりつけてあげます。

DSC_0129_20131024214558004.jpg

鶴も人気。

DSC_0162.jpg

いっぱい欲しくなるみたい(笑)。

DSC_0167.jpg

のり巻きは、お母さん達&大きい子ども達に大人気。

DSC_0145_2013102421450587c.jpg

DSC_0142_20131024214829fb2.jpg

具は殆ど全部同じ(汗)なのですが、たっくさん持って行く子ども&親御さんも結構いたので、来年はもうちょっとネタにバリエーションをつけたほうがいいかな、と思いました。

準備段階では、のり巻きの具といい、折り紙といい、ちょっと手抜き?しょぼめ???なんて懸念していたのですが、蓋を開いてみたら、他の国の手抜きっぷりに拍子抜けしました・・・。

これでも、ジャパンが一番頑張ってんじゃないか・・・?!と自画自賛(笑)。

折り紙は、子どもだけでなく、親御さんたちもわんさか持って行っていたし、どうやって作るの?教えて!なんて人もたくさんいました。

やっぱり紙一枚で、いろんな形を作り上げるっていう、折り紙文化(?)は、外国人にとってはすごーーーいっ!!と感動もののようです。

いや・・・私もすっかり作り方とか忘れていて、本を見ながら折ったんですけどね・・・(苦笑)。

娘がもう少し大きくなったら、一緒にいろいろ折りたいと思います。

09

30

コメント

エジプトのインターナショナルスクールの実情

先日も書いたように、今月から3歳の娘がカイロにあるブリティッシュスクールに通っています

その名もCairo British School。そのまんまです(笑)。略してCBS。

毎日、CBSとでっかく書かれた制服を着て、家の前まで迎えにくるスクールバスに乗って登校する娘。

このお迎えの時間がむちゃくちゃで、早い時には7時、遅い時には7時45分に迎えに来ます。到着の5分前に携帯に電話をくれるのですが、7時きっかりに電話をかけてきた時にはかなり焦りました。

学校では、「お迎えは7時40分です」と言われていたのですが。。。

というわけで、7時にはスタンバっていなければいけない状況下にあります。

さすが、エジプト。

エジプトの学校事情についてはこちらにも書きましたが、娘はKG1というクラスに入っています。

最初にCBSに見学に行った際、校長先生は「うちの学校では20カ国以上の国籍の子ども達が学んでおり、日本人の優秀な生徒もいます。先生も全員、英語を母国語とするイギリス人やオーストラリア人です。」と堂々と語っておられましたが、学校が始まってみるとなんだか様子は大分違うらしいことが判明してきました。

まず、先生。

政変前は、確かにイギリス人とオーストラリア人の先生しかいなかったはずなのですが、娘の担任の先生に面会に行ったところ、「・・・あれ?エジプト人???」という風貌。

先生に、「お名前は・・・?」とうかがうと、「ミス・アマールです」とのこと。

アマールって・・・?

「失礼ですが、エジプト人ですか?」と聞くと、「いいえ、父はエジプト人ですが、母はイギリス人です(キリっ)」とのお答え。

うーん・・・。想像するに、政変とその後の混乱と治安悪化で、在エジプトの大多数の外国人が退避した時に、ここの先生たちの中にも退避した人がいて、欠員が出たのでエジプト人(?)の先生を新たに雇用したのではないかしら・・・?

まあ、私はハーフでもエジ人でも、娘にとっていい先生ならばそれでいいのですが・・・。

更に、ミス・アマールの持っていたクラスメイトのリストを横からちらっとみたところ、15人の名前の横には、ずらーーーーーーーっと、Muslimと書かれています。そして、我が娘のところにだけ、Buddistの表示。

15人のうちの1人は、娘の友達のシリア人で、CBSはモハンディシーンにあるから嫌だといって土壇場で学校を変えてしまった女の子。残り14人のうち、ほとんどがエジプト人です。

これって・・・

Cairo British Schoolじゃなくて、Cairo Egyptian Schoolの感じですよね・・・(苦笑)。

このところ、娘が学校の友達の名前をちらほら教えてくれるようになったのですが、昨日教えてくれた名前は、

فروق   ファルーウ
معاز الدين  ムアーズッディーン
حمزة  ハムザ

・・・って、全部エジプト人じゃん?! 

しかも、全員男の子だし・・・(汗)。

どうなってんだか・・・。

まあ、とにかくいるのはエジプト人ばかりのようなのですが、カリキュラムはなかなかしっかりしているようです。

英語やアラビア語の授業の他、絵を描いたり、好きなものについて語り合ったり(?)、工作をしたり、外で体を動かす時間もあります。

毎週一冊英語の本を借りて来る制度があって、うちで読みます。

今度は観劇にも行くそうです。

週末には、週ごとの成績表ももらってきます。

先週の成績には、「ウイはよくやっているが、もうちょっと人の話をしっかり聞かないといけない」とありました・・・(汗)。

また先週末には、娘が突然、謎のぬいぐるみを持ち帰って来て、これはキャミーという名前で、女の子なんだ、と説明してきました。

何のことかと思ったら、連絡ノートに、キャミーはクラスのマスコットで、毎週クラスメイトの誰かのうちに遊びに行くので、その様子をジャーナルに記録してください、とのこと。

というわけで、

DSC_0001_2013093021114508f.jpg

こんな風に、書いてみました〜。

一緒にご飯を食べたり、お料理をしたり、プールに行ったり。

まあ、娘の日常そのまんまですが・・・(汗)。

毎日何かしらあれこれ書いたりするのと、何と言ってもお弁当とおやつを毎日もたせるのは多少面倒ではありますが、娘も楽しそうですし・・・

インターではなく、エジプシャン・スクール風であっても、まあいいんじゃないかと思っています(笑)。

09

23

コメント

娘の学校入学

娘が学校に入学しました。

当初の予定から2週間遅れ、9月15日に始業の日を迎えました。

治安悪化を理由に、エジプト政府が国内のインターナショナル・スクールは15日、公立学校は22日を始業日とせよ、という命令を下した為です。

私たちも6月末から、反同胞団大規模デモ→政変で同胞団政権崩壊→治安悪化→ロンドンに退避→エジプト帰還、とめまぐるしい日々を送ってきましたが、ようやく普通の日常らしきものがもどってきた、という感じです。

晴れの日に、娘の写真を撮るうちのスタッフ(笑)。

DSC_0091.jpg

ダサい制服ですが、3歳児を大人っぽく見せる不思議な効果があります。

入学・・・とはいっても、日本的な入学式はないので、朝迎えに来たスクールバスに乗って、娘が行ってしまった・・・という、ただそれだけのことなのですが。

初日には、学校からこんなものをもらってきました。

DSC_0108_20130923184134adb.jpg

DSC_0122.jpg

こんなちょっとした心遣いでも、「なんかいい学校だなー」なんて思ってしまいます。

3歳にして学校・・・?という感じですが、エジプトでは3歳半から学校に通うのが普通です。娘は少しそれに満たない状況での入学なので、クラスでは一番年下です。

クラスは全部で14人、エジプト人がほとんどで、あとはサウジ人とかポーランド人なんかがいるようですが、日本人および仏教徒は娘1人だけです。

学校なので時間割もあって、授業らしきものもあります。

IMG_0019.jpg

娘の話によると、基本は遊んだり、歌ったり、踊ったり、走ったり、絵を描いたりしているそうなので、まあ、遊びを通していろいろ学ぼう、みたいな感じなんでしょうか。

週末には、成績表(?)ももらってきました。

DSC_0003.jpg

娘にとっては、人生初の成績表。

「態度:よい」

「努力:すばらしい」

とのことで、言うことなしです(笑)。

この学校はブリティッシュスクールで、カリキュラムは英国式らしいのですが、こういう感じは悪くないなと思います。私は日本の幼稚園を知らないので、比較はできませんが。

あと私にとって嬉しかったのは、娘が毎日学校に行きたがることと、お弁当を全部残さず食べてくることです。

今まで2年間通っていたナーサリーを卒業して、新しい環境でストレスも多いだろうと思うのですが、楽しく元気にやってもらいたいものです。

05

13

コメント

エジプトの水泳教室

娘が3歳になったので、水泳教室に通わせることにしました。

先日体操教室にも入ったので、娘は毎日何かしら運動する日々。

水泳教室は4人の子どもに先生が1人ついて、週3回のレッスンで月に250ポンド(3700円程度)。

体操教室は複数の子どもに先生が複数ついて、週3回のレッスンで月に180ポンド(2700円程度)。

共に近所のゲジラ・クラブでやっています。

この水泳教室が、なかなか凄まじい!

何が凄まじいのかというと、3歳児に浮き輪等を全く装着させないまま、大人用プールでいきなり泳がせるのです。

うちの娘は水自体は全く怖がらないし、子どもプールで遊ぶのは大好きなのですが、ものすごーく深いプールに突然ぶち込まれて、超ガン泣き!!彼女は生まれたときからあまり泣かないタイプだったので、本当に、彼女がこんなにガン泣きするのを見たのは生まれて初めて!というくらいでした。

それでも、かなーーーーーりがんばって、こんな感じです。

[広告] VPS


もう1人の子は、娘より少し年上の友達なのですが、1年前に水泳を始め、開始当時はやはりかなり凄まじい泣きっぷりだった、とのこと。他には、プールから脱出して逃げ回り、先生が捕まえると先生に噛み付く子なんてのもいたそうです。

このプール。私も泳ぎに行きますが、私も全然足がつきません。180㎝くらい身長がある人でないと、足はつかないという、かなり深いプールです。だから、身長がまだ1mに満たない3歳児が、このプールを恐れるのはそりゃあ当然といえば当然で。

でもこの友達の方は、今では水泳大好きで、この深〜〜〜〜いプールに平気でじゃっぼーーーーーーん!と飛び込み、元気に泳ぎ回っています。

なのでうちの娘も、頑張って通えば、彼女みたいになるかなぁ・・・と期待半分、不安半分。

ガン泣きで始まった初回レッスンも、最後にはプールサイドから1人で水に飛び込むまでに成長していました。いやぁ、よく頑張った!

先生にもほめられ、あんなに泣いていた割には、「また次も頑張ろうね!」と言われて「うん!」なんて言ってましたし。さてどうなることか。

このクラブは、会員になるのに会費が必要で、体操や水泳などのレッスンを受ける為にはその度にまた費用を支払う仕組みになっています。

エジプトには学校に日本でいう部活みたいのもないですし、体育の授業も殆どないですし、男の子は道ばたでボールを蹴ってサッカーしていたりもしますが、女の子に至っては人生で一度も全力疾走したことない子が殆どなんじゃないかなぁという状況。

この国で何かのスポーツをやっているということは、イコールものすごくお金持ちだ、ということを意味するのですが、そこには上記のような事情があるのです。

あ、うちは外人なので、全然お金持ちじゃないのにスポーツをやらせたりしていますが・・・(汗)。

日本では3歳児に、どんな習い事をさせているのか、費用はどのくらいかかるのか、全然わからないのですが、うちはかなりのお転婆少女なので、いかに体力を消費してもらうか重要だと常々思っています。

ようは親としては、体操でも、水泳でも、何でもよいわけです・・・(笑)

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。