--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

16

コメント

ミラノで見つけたエジプト

最近ブログの記事がテロのことばかりでつまらないというコメントをよくいただくので、たまにはゆるネタで。

先日まで休暇でミラノに行っていたのですが、ヨーロッパの街の通例にもれず、ミラノにも街の中心というべき広場があります。

IMG_3607.jpg

ドゥオーモ広場です。

私は中東が専門であるせいかもともと歴史専攻であるせいか、昔からアメリカよりはヨーロッパ派で、若い頃から散々ヨーロッパを徘徊してきましたが、総合点でヨーロッパNo.1の国はイタリアであると勝手にランク付けしています。

中でもミラノが大好きで、ドゥオーモに来ると「あーミラノにきたーっ!!」という幸福感に浸れます。

ところが、今回の訪問で初めて判明したのですが、このドゥオーモ広場は実は「エジプトだらけ」でした。。。

このおじさんも。。。

IMG_7314.jpg

このおじさんも。。。

IMG_3581.jpg

この後ろの二人も。。。

IMG_3630.jpg

みんなエジプト人です。。。

写真をみて一目瞭然であるように、ドゥオーモ広場には鳩がたくさんいるのですが、観光客にこの鳩にあげるエサを売っている(売りつけている?)のがみんなエジプト人なのです。

話していて判明したのですが、彼らは大工さんや道路工事といった仕事を平日こなしながら、休日になるとここにやってきて鳩のエサ売りをしては小銭を稼いでいるそうで。

小銭とはいっても、大きな一袋1.5ユーロのポップコーンのタネをスーパーで買ってきて、それを一掴み1ユーロで売るので、かなり儲かるとのこと。

ここの鳩はこのポップコーンのタネがものすごく好きで、これを手に置くと、面白いように寄ってきて手の上に乗っかってきます。

最初、生き物大好きの娘がハマってやっていたのですが、実際やってみると結構楽しいです。

(以前ハワイでも手に乗っかってくる鳥にエサやりをして遊んだことがあるので、二度目です。)

しかもミラノにいてもエジプト人はエジプト人で、そのエジプト性は全く失われておらず、私たちがエジプトからやってきていてエジプト語が話せるとわかるやいなや、商売そっちのけでもう完全に仲間扱い。笑。

ポップコーンも一袋ぽーんとくれて、ずーっとおしゃべりしているし、仲間のエジプト人もどんどんやってきて、そのたびに「え?マジかっ?!エジプト語が話せるエジプト在住日本人なんて初めてだぜ!!」的な会話につきあわされ。。。

途中からちょっと鬱陶しくなってきたほどです。。。まあ、これもエジプト的。笑。

中には、「お前、去年の今頃もミラノに来ただろ?オレはお前を見たぞ!!」と言ってきた人もいて、確かに去年の今頃もミラノに来ていた私としては、ちょっと怖い。。。とすら思ってしまいました。。。汗。

ドゥオーモには当然日本人観光客もたくさんいて、団体客には添乗員さんが「鳩のエサを売りつけてくる詐欺の人がいるので気をつけてくださーい!」なんて拡声器で呼びかけていたのですが、まあ、詐欺ってほどの詐欺ではありません。

子供も大人も鳩を手に乗っけて結構楽しく遊べますし、エジ人なので、基本的に子供にはすっごく優しいです。

エジ人が子供にエサをあげ、子供が喜んで鳩にあげているのを見て親がエジ人に1ユーロ渡すって感じです。

まあ、日本人の感覚からしたら詐欺っぽいんでしょうが、それでみんなハッピーならいいんじゃないのー?なんて私は思ってしまいます。

私の感覚はちょっとぶっ壊れてはいますがね。。。汗。

イタリアに限らず、ヨーロッパはどこの国に行っても必ずといっていいほどエジプト人がいます。エジプト人はどこにいても大概大きな声で話をしているので、あーここにもエジ人がいるな〜とすぐにわかります。

エジプト人は国民の1割近くが国外で暮らしています。

鳩のおじさんたちのように、国に家族を残して出稼ぎに来ている人もたくさんいます。

イスラム国が欧米人を殺しまくっているこのご時世、ヨーロッパでムスリムとして働きながら暮らすことはとっても大変なのだと思いますが、ミラノの彼らはなんだかたくましくやっているようでした。

ちょっとうざいな、と思いつつも、がんばれっ!と激励したい気分になりました。
スポンサーサイト

07

16

コメント

カイロ空港でロストバゲッジの恐怖

先日、カイロ空港でロストバゲッジしました。

数えきれないほど利用しているカイロ空港ですが、ロストしたのは初めてのことです。

ロスト・・・というと語弊があって、私の乗った飛行機にスーツケースが乗っていなかっただけ(?)で、所在は最初から明らかでした。

しかしこのスーツケースを取り戻すためには、とんでもない困難が待ち受けていました。。。

まずロストの手続きをして、この紙をもらいます。

IMG_2866.jpg

「明後日の便で到着する、インシャアッラー」と言われ、到着したら携帯に電話をくれるとのこと。

ちなみに、荷物を家まで配送するなどというサービスは当然なく、本人が必ず、この紙っぺらとパスポートを持って、空港に馳せ参じなければ荷物は受け取れない、というしくみになっています・・・。

そしてその明後日。飛行機の到着時間になっても当然のように電話はなく、その日の夜11時頃になって、「エジプト航空だ。おまえのシャンタ(スーツケース)が到着した」と、ようやく連絡が。

翌朝、車で空港の到着ロビーまで行き、事情を説明すると、中に入って一番左の奥まで行け、とのこと。

こんなところがあります。

IMG_2867.jpg

ここで荷物を受け取りに来たというと、お前がゲートの中に入る許可を警察から得なければならない、と言われ、パスポートを没収されました。

・・・そのまま待たされること2時間。。。

はい、文句は言いましたよ、何度も。

「どうなってんだー?!」「いつまで待たせる気だー?!」と、窓口のおじさんに何度も言ったのですが、「あのね、許可を出すのは警察で、俺たちじゃないの。だから俺たちに文句いってもしょうがないわけ」、と素知らぬ顔。。。

しかもここで待たされている時、警官がやってきて、私と一緒に待っていた運転手を「お前は関係ないだろ。出て行け!!」と、奴隷か犯罪者に接するようなやり方で外へ連行。。。

2時間後、ようやく発行された許可証を持って、通常ならそこから出てくるはずの「申告するものなし」のゲートに、逆に入って行くことに。そこで、また警官のチェックを受け、何の為に逆行してゲートの中に入るのか問われ、「だからあ・・・」とまた同じ説明を繰り返し。

しかも、ゲートを入ったはいいが、その後どうすればいいのか不明。。。

とりあえず、ロストの手続きをしたところに行ってみたら、「ここじゃねーよ。3のベルトの前に行け」と言われ、そこに行くと、たしかにロストバゲッジの事務所らしきところが。。。

あけて入ってみると、おじさんが3人。説明して紙を渡すと、パソコンでかちゃかちゃ調べ、「お。たしかにお前のシャンタはある。だけど、ここにはない。下の倉庫にある」、とのこと。

「え?じゃあ、どうすりゃいいの?」

「誰かそのうち、お前を下の倉庫に連れてってくれる奴が来ると思うから、それまで待て」

えええええええええええ?!

また待たせるんかい?!

それでも15分ほど待ち、そんな人間など誰も来ないであろう雰囲気にしびれを切らした私は、「ちょっと、あんたたち、誰か私を下の倉庫まで連れてってよ!!」と言ってみたところ、1人のおじさんが、「しょーがないなあー。じゃあ、オレが連れてってやるよ」。。。

できるんなら、もっと早くやってくれー!!

そして関係者以外立ち入り禁止の扉を開け、階段で地下に降り、防空壕のようなところをしばらく歩かされ、ようやく倉庫へ。

IMG_2877.jpg

前にいる、ジプチ人の集団の手続きが終わるのを待って、自分の紙を係員に渡すと、おもむろにパソコンでかちゃかちゃやり、「お前のシャンタはここにはない」。

ええええええええええっ?!

別の倉庫にある、と言われ、また別のおじさんに連れられて、別の倉庫とやらに行くと、その扉には南京錠がつけられ、さらに鎖でぐるぐる巻きにされており、おじさんたち3人が、あーだこーだ言いながら、引っ張ったり押したり悪戦苦闘。。。

IMG_2882.jpg

ここまで来て、なんなんですかね・・・?!コントですか?!

この鎖を外すのに10分ほどかかり、開いたら開いたで、「お前のシャンタはここのどっかにあるはずだから、上下左右をよく見て、自分で探せ」、とのこと。

・・・汗。

ご丁寧に、一番奥の方に置かれていたのを発見。積み重ねられた荷物の山をかきわけ、それを外に出すまでにまたかなりの時間が。。。

その後、事務所で荷物を受け取ったというサインをするのに、更に30分。

IMG_2884.jpg

更に、この地下倉庫から外に出るには、専門の係員が必要だから勝手に出るなと言われ、また待たされ。

上にあがったら、普通に「申告するものなし」のところからゲートの外に出られるかと思いきや、「申告するものあり」のところに行かされ、

「シャンタをあけろ」
「お前、どっから来てどこに行く?」
「え?エジプトに住んでるのか?!ってか、なんでこんな国に行った?」
「怪しい奴だ、荷物をくまなく全部調べてやる」

等々言われ、私のイライラもマックスに。。。

当然、怪しいものなんて何もないわけで、調べた後、係員が言い放った言葉が、「シャンタを閉めろ。行け!」って。。。

とにかく何がむかつくって、私、何にも悪いことしてないのに・・・ってか、エジ航のミスなのに、長時間待たせた挙げ句、私に対する扱いが完全に犯罪者?!、という点です。

空港職員も警察も、言葉遣いと態度がとんでもなく悪くて、もう、世の中の不愉快が束になって襲いかかって来たような気持ちになった一日でした。。。

ちゃんとスーツケースが戻ってきただけでも、有り難いと思わなければならないのでしょうが・・・。

大人げないと思いつつも、久々にエジプト人達にキレまくってしまいました・・・。

皆さんも、もしカイロ空港でロストの憂き目にあわれたら、どうぞ覚悟を決めて空港に行かれて下さい。。。

10

21

コメント

子連れでバルセロナ:グルメ編(3)

子連れでバルセロナ:グルメ編(2)に続いて、(3)です。

前の記事は今年初頭に書いたものなのですが、その後すぐにアルジェリアの人質事件が発生して多忙になってしまい、そのまま(3)を書くのを失念していました。

その後、子連れでバルセロナ旅行をしたいので、是非第一位のレストランの記事も書いてほしいというリクエストを何件かいただいたので、記憶を頼りに記しておこうと思います。

2歳児を連れてのバルセロナ旅行で、実際に行ってみて満足度の高かったお店第一位は・・・

★ 第一位 somodó ★

日本人シェフの作る、地中海料理の店です。

こちらの長所は、以下↓

(1)味が繊細!

シェフが日本人だからでしょう、とにかく味が繊細です。

ヨーロッパで提供される料理に共通する濃くて、塩気の多い味付けとはほど遠い、日本人好みの味です。

(2)コストパフォーマンスがありえないくらいに優れている!

ランチに行ったのですが、コース料理が1人18ユーロという超激安価格です。

店内はこんな感じ。

DSC_0972_20131021165120e83.jpg

1人18ユーロという激安ランチなのに、お水とワインが一本ずつつきます!

DSC_0975.jpg

私は4人で行ったのですが、他の3人は酒が飲めないので、私はワインを一本飲み干してきました〜。

昼間からひとりでワイン一本・・・うーん、背徳の味わいです(笑)。

パンも自家製のようで、外はカリカリ、中はふわっふわ。オリーブオイルとの相性も最高です。

こちらは前菜。あぶりマグロのサラダ仕立て。

DSC_0977_201310211719583e3.jpg

エジプトに住んでいると、生の魚が出てくるだけで興奮してしまう(汗)のですが、そこに職人芸が加わると、こんな素敵なコンビネーション〜!

次に出されたのは、温泉卵のアンチョビのせ。

DSC_0979.jpg

アンチョビ大好き〜!!

どこまで私を喜ばせるのか?!というラインナップ。

前菜の二品だけで、ワインがぐんぐん進みます。

次に、主人のお母さんが頼んだメインは、スズキのポワレ。

DSC_0985.jpg

こちらは私と主人が頼んだメイン、ウズラのロースト。

DSC_0987.jpg

ウズラも大好き〜!

私は鴨やらウズラやら、とにかくトリの系統が大好きで、この皮のパリっと感にノックアウトされました〜。

この後に、アミューズとコーヒーもついて、それでこのお値段・・・。

感動したので、シェフに、「エジプトから来たんですが、こんなに美味しいものを食べたのはものすごく久しぶりです云々」とお伝えし、ちなみにディナーも来たいんですけど・・・と言うと・・・

「ああ、それはやめた方がいいです」

とのこと。

「・・・?!」

となっていたら、料理の価格を安くおさえる為に、材料を一度に大量に仕入れているので、ランチもディナーも一ヶ月間ほどは同じようなものを提供し続けるから、とのこと。

なるほど〜。

そういう理由があったのですね。

こちらの日本人シェフ、口数の少ない職人気質の方ですが、とても優しい方なんだと思います。

というのも、娘がテーブルに飾りとして乗っけられていたリンゴをどうしても食べたいと言いはっていたら、なんと、むいて出して下さいました!!

「こっ、これは飾りなんですが・・・(汗)」と当惑してらっしゃいましたが・・・。

ともあれ、ありがとうございます。

とにかくこの価格でこの料理のクオリティー&ワインを出す店は、日本にもそうはないのでは?と思うほどの素晴らしさでした。

・・・まあ、エジプトに住んでいるので、日本の事情は本当はよくわかりませんが・・・(汗)

子連れにも優しいですし、ワインつきで上等なコースが食べられますし、本当におすすめの店です。

08

05

コメント

二年ぶりの一時帰国

一ヶ月ばかりブログ更新を怠っていましたが、二年ぶりに一時帰国しておりました。

エジプトの政変以前から予定しており、一時は無理かも・・・とあきらめかけたものの、どうにか予定通りに帰国することができ、予定していた諸行事も全てこなすことができました。

الحمد لله

二年ぶりに日本に戻った感想ですが、

「日本最高!!」

という一言に尽きます。

私は東京生まれの東京育ちですが、東京@日本がこんなにも素晴らしく、楽しいところだと感じたのは、生まれて初めてです。

あぁ日本に住みたい・・・と憧れにも似た思いを抱いてしまいました。

それだけ二年間のエジプト生活が、苦渋に満ちた修行生活だったということなのでしょう。

そのわりには、久々にあった数名の人に、「あれ?なんか前より若くなった?」と言われ、実はエジ生活が体にあっているのかもしれないという疑惑もわいてきているのですが・・・(汗)

滞在中、日本というのは、本当に何でもあるし、金さえあれば何でも手に入るところだなぁ、と何度も思いました。

世界中の美味しいものが食べられるし、選びきれないほどの本が本屋にはあるし、遊び尽くせないほどのおもちゃが揃っているし、こんなものあったらいいなぁという便利グッズがいくらでも手に入るし、いやはや、もう天国です。

また、私は洋服と靴が大好きなのですが、新宿伊勢丹の品揃えは世界一なのではないか?!と思ってしまいました。

私はアメリカのことは全然わからないのですが、ヨーロッパや中東(←当たり前)のどこより、日本(特に伊勢丹)にはオシャレなものが揃っていると再認識しました。

まぁ私は筋金入りの伊勢丹好きなので、そのへんはバイアスがかかっていると思って頂いて結構なのですが、なにがすごいって、ちゃんと私にあうサイズのものがある!という点です。

ヨーロッパ諸都市では、ラインナップは素敵だけどサイズが全然無理・・・という場合が多く、泣く泣く子ども用の服を買って帰ることがしばしばあるので、いやはや、伊勢丹はもう目移りしちゃって大変でした。

スケジュールがタイトで、セレクトショップなどに行く余裕は全然なかったのですが、エジプト在住者からすれば伊勢丹だけでも十分でした。

また、私が「ああ、日本人でよかった」とつくづく思ったのは、行く先々の店で感じの良い店員さんや従業員に接客してもらった時です。こんなに気持ちのいい、隅々まで配慮の行き届いた接客は、世界のどこでも受けたことがないっ!!と、妙に感動すること数回。

あとやっぱり、日本には本当に美味しいものがたくさんあるなぁ〜と心底感動しました。寿司、刺身のうまさはいうまでもなく、会社の人が招待してくれた隠れ家的宮崎料理の店と、超高級焼き肉屋は、ほんとーーーーーーに美味しかったです。

とにかくすごいな、日本は。うん。

一泊で箱根の常宿にも行ったのですが、そこで出された懐石料理にもただただ感動。もう、見ただけで「やっぱり来てよかった〜」という感じ。

義妹の結婚式にも参加し、娘の祖母やら曾祖母やら諸親戚の挨拶回りもすませ、その他の野暮用もこなし、鰹節や昆布等の買い出しもし、はぁ〜満喫しました・・・。

そして戻って来たエジプト・・・。

ザマレクは静かで、いつも通りです。

が、エジプトはまだまだ、予断を許さない状況が続いています。

気持ちを引き締めて、あくまでも安全第一で、残りの赴任期間を乗り切りたいと思います。

03

05

コメント

子連れでイスタンブール:ショッピング編

子連れでイスタンブール:タクシム広場周辺編に続いて、ショッピング編です。

オシャレもの皆無地帯であるエジプトに住んでい私にとっては、海外旅行といえばショッピングが何よりの楽しみです。2歳児連れということで、イスタンブールでは何かと便利なショッピングモールに行ってきました。

私が行ったのは、Kanyon(カニヨン)というモールと、GEVAHIR(ジェバヒル)というモールの二カ所。なぜこの二カ所かというと、両方とも地下鉄駅に直結している、と聞いたからです。

まずはカニヨンへ。

タクシム広場から、地下鉄に乗ります。まず、ホーム行きのエレベーターがあるのがすごい!

DSC04906.jpg

とりあえず、ここだけはベビーカーでも楽勝です。

そしてエレベーターから降りてすぐの改札でチケットを購入しようとしたのですが、チケットの代金がわからずに、Levent駅までいくらなんですか?とそこらのおじさんに聞いたところ、「いくらか、っていうか、この地下鉄はLeventへは行かないよ」と言われてびっくり。

なるほど〜。タクシム駅には、複数の地下鉄が乗り入れているのね・・・。ちなみに私は、ガイドブックを持っていない状態で街をふらついているので、予備知識等はゼロです。

Leventへ行くらしき地下鉄の入口は、離れた所にあるようで、歩く歩道にのっかります。

お〜、なんか近代的だ・・・。

DSC04913.jpg

エジプトと違うな、全然。

地下鉄車内も、こんな感じ。

DSC04923.jpg

エジプトみたいに、地下鉄専門の押し売り業者(笑)とかいませんし、女性もヒジャーブかぶっているひとがほぼ皆無・・・。

Levent駅につくと、Kanyonはこっち、という看板が出ているので、その方向に進むと、すぐに入口があります。

DSC04931.jpg

おしゃれな感じです。ここにはなんと・・・

じゃーん!

DSC04933.jpg

ハーヴィーニックスがあります!!

・・・って、期待していたほどたいしたことはなく、なによりも取り揃えられているサイズがかなり大きくて、私には無理だ・・・というものが多かったです。

上のほうから見下ろすと、こんな感じ。

DSC04936.jpg

一番上の階には、カフェやレストランがずらーっとあって、みんな昼間からタバコをがんがんふかしながら、ワインやビールを飲んでいました・・・。

DSC04935.jpg

エジプトから来た人間としては、かなりカルチャーショック・・・。

私は結局、ItsImagicalというスペインのおもちゃ屋さんで娘のおもちゃを大量購入し、自分にはYARGICIというトルコブランドで洋服を購入。上品系でそこそこよいですが、値段は日本並みです。全く安くありません。

カニヨンでは、外でお茶している人も多かったのですが、こんなふうに天井にはヒーターが設置され、椅子にもひざかけが用意されていたりして、寒い日も快適に外カフェできるようになっています。

DSC04942.jpg

私もここで、娘とアイスを食べました。ハーゲンダッツのアイス、小さい1スクープで8リラ也。450円くらい?!超高!!!

まあ、いいや。旅行中だし。

別の日には、今度はジェバヒルにいきました。アラビア語のジャウハルと一緒だよな〜とか思いながら、また地下鉄へ。今度はSisli駅を目指します。でも駅についたはよいけれど、カニヨンと違ってジェバヒルはこっち、みたいな標識が全然なかったので、適当に駅構内から地上へ出たら、妙なところに・・・。

人に聞いたら、割と近かったので、歩いてジェバヒルへ。

雨なのに開店待ちをしている人、結構多数。

ここはかなりの大型ショッピングモールで、私はここのKOTONやC&Aで、娘の服を大量購入しました。ここには、ホームセンターやスーパーマーケットも入っています。全体として品揃えは、そんなにたいしたことはありませんが、エジプトきってのショッピングモールであるCity Starsに比べればよっぽど・・・いや、全然ましです。

ショッピング以外では、まあ、2歳児連れなので食事もたいしたものは食べていないのですが、トルコピザのピデを食べたり・・・

DSC04971.jpg

激甘のバクラワを食べたり・・・

DSC04973.jpg

お菓子の有名店MADOでお茶したり・・・

DSC05011.jpg

日本でも一時期有名になったトルコアイス、ドンドルマを食べたり・・・

DSC05014.jpg

お約束のコフタを食べたり・・・

DSC05024_20130305223520.jpg

とまあ、こんな感じです。時々、トルコ料理を絶賛する人がいますが、私は正直「・・・」という感じです。また、ちょっと食事をするだけでも、結構な値段です。日本価格と思えばよいのでしょうが、エジプト価格に慣れている私は支払いの度に「高!!」とひとりごちてしまいました・・・。

ああ、もう終わっている・・・。脳内が完全にエジプトモードになっている・・・。

とまあ、こんな感じのイスタンブール旅行でした。

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。