--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/1-0bf4bcec

10

16

コメント

丸ごと一匹魚の煮付け:ハタの場合

ハタの煮付け

エジプト在住の日本人の多くは「エジプトでは魚が手に入らない」と言いますが、それは真実ではありません。

エジプトは地中海と紅海に接した豊かな漁場を有する国であり、エジプト人は魚を食することを誇り(?)とする人々・・・というか、彼らは普段肉食に偏っているので、たまに魚を食することに非常に喜びを感じるようです。特にカイロ在住エジプト人は、アレクサンドリアやスエズといった港町に行った際に、そこでとれたての魚を食べることに格別な思いを抱いているようで、更になぜかその時だけ、ヘルシーライフを送っているような錯覚に陥るようです。

またエジプト人は基本的に髪の毛がクルクルもしくはチリチリであるため、日本人のまっすぐ黒髪はエジプト女性の憧れの的なのですが、「日本人は魚ばかり食べているからまっすぐヘアーなんでしょ?」と真剣に質問されたことが数度あります。「絶対に違う!」と思いつつも、「へえええええええええええっ?!そうだったんだ!!知らなかった。。。」と妙なリアクションをしてしまう意地悪な私。ごめんなさい・・・。

話が脱線しましたが、何が言いたいのかというと、エジプトでは結構なクオリティーの魚が手に入るし、それを使えば(エジプトですら)かなり豪華な和食ライフを送ることができる!というわけです。

今回ご紹介するエジプトの地魚はこちら↓
ハタ


エジプトではوقارとかهامورと呼ばれている魚で、おそらくハタの一種です。もっとカラフルな模様がついているものもありますが、こちらは地味めなほうです。身がしっかりした味わい深い白身魚で、かなり高級な味がします。

エジプトでは魚は基本的に丸ごと売られているので、今日はこちらを丸ごと煮付けにするレシピをご紹介します。簡単で失敗なしなので、煮魚初心者の方も是非お試し下さい。

材料:ハタ丸ごと一匹
   しょうゆ 半カップ
   みりん 半カップ
   砂糖 大さじ2〜3
   酒 大さじ4
   しょうが

作り方:
1) ハタのお腹を取り出し、ウロコを落としてから、水洗いします
2) 魚全体とお腹の中に塩をふり、10分ほど放置します
3) ふきんやキッチンペーパーで、魚からでた水分をきっちりふきとります
4) ハタが丸ごと入るサイズのフライパンに、しょうゆ、みりん、砂糖を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたらハタを入れ、おとしぶたをします
5) 3分ほど強火で煮てから、一度ハタをひっくり返し、またおとしぶたをします
6) 2分ほどしたら、しょうがスライスと酒大さじ4、水1カップをまわしかけ、おとしぶたをし、時々汁を回しかけながら中火で煮ます
7) 最後は煮汁がとろっとするまで煮詰めてできあがり、お好みでわけぎを散らして下さい

丸ごと魚は一度全体に塩をふって、余分な水分と魚の臭みをしっかり取り除くことが、料理をする上で非常に重要です。ハタに限らず、丸ごと魚の煮付けは基本的にこのレシピですべていけます。他におすすめは金目鯛。

丸ごと魚は確かに処理などが多少面倒ですし、食べる際にも骨を取り除く手間がかかりますが、食卓は実に豪華になりますし、第一に魚のおいしさをあますことなくいただけます。

こちらはうちの2歳の娘も大好物で、魚自体は言うまでもなく、魚エキスのしみ出したタレもまた絶品!ご飯が限りなくすすみますよー。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/1-0bf4bcec

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。