--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/102-81e19e51

04

22

コメント

エジプトの子どもに対する犯罪数

昨日、エジプトで2012年7月から12月の半年間に発生した子どもに対する犯罪数جريمة ضد الاطفالが発表されました。

それによると、その総数は2600件で、内訳は、

子どもの殺人および子どもの自殺 1284件
子どもの誘拐 273件
子どもに対する性犯罪 141件

だそうで、全国でもカイロ県、カリユービーヤ県、ギザ県で発生件数が多いそうです。

また、交通事故で命を落とした子どもは641人、家族間の諍いで亡くなった子どもは448人、溺死した子どもは195人にのぼるそうです。

更に子どもの労働については、田舎では子どもが働いている率は100%にのぼり、両親や家族は子どもの労働を義務であるとしており、6歳から12歳までの子ども140万人が労働している、とされています。

学校における子どもに対する犯罪についても報告されており、一学期に2万件にのぼる校内暴力(子どもに対する)が発生し、政治傾向や宗教に関して子どもが誹謗中傷を受けることも多く、子どもの「学ぶ権利」を保全する対策がとられていない、とのこと。

子どもには就学の権利があり、初等教育は無料であるにもかかわらず、貧しい家の子どもが学校に通っていない点や、数千人にのぼるストリートチルドレンが、家族の支援も国の支援も受けずにいる状況についても指摘されていました。

以前に、エジプト人のよいところは子どもに優しいところだ、と書いたことがあるのですが、同報告の内容や、児童虐待の率がかなり高く、特に女の子に対しては、殆どのエジプト人が暴力をふるうのが親の当然の権利だと思っていることなどを勘案すると、本当のところは・・・???といぶかしく思ってしまいます。

エジプト人、基本的にはいい人たちだと思うのですが、残念なネタはいくらでも転がっているものの、エジプト人を大好きになるようなネタは滅多に(全然?)ないのもまた、事実なような気がする今日この頃です。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/102-81e19e51

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。