--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/112-4b945142

05

15

コメント

エジプトの大統領支持率

エジプトの世論調査会社バスィーラبصيرةによると、現在のエジプトの大統領支持率は30%だそうです。

エジプトで史上初の民主的選挙(?)によって史上初のイスラム主義系(?)大統領が誕生してから10ヶ月。支持率は徐々に低下しているようです。

同調査によると、「明日大統領選挙が行われるとしたら、再びムルスィーに投票しますか?」という問いに対して、「はい」と回答した人の率も30%(支持率と同じ)。この問いに対して「はい」と回答した人の率は、彼が大統領に就任してから50日目での調査では72%もいた(これも何か妙・・・)のですが、半年で「はい」と「いいえ」の比率は逆転し、それ以降は「いいえ」と回答する人の率が増加しています。今回の調査では、「いいえ」と答えた人の率が45%。

興味深いのは、「救国戦線جبهة الانقاذを知っていますか?」という問いに対する回答で、三分の二以上の人が「知らない」と回答しています。そして「知っている」と回答した人の中でも、「救国戦線を支持しますか?」という問いに対して「支持する」と回答しているのは33%のみで、57%は「支持しない」としています。

救国戦線は一応代表的な反体制派というか、野党というか、そういう立場であると見なされているのですが、エジプト国民の多くがそもそも救国戦線を知らない(笑)というのでは、全く話になりません。

救国戦線ネタは毎日地元紙を賑わしていますが、私がしばしば書いているように、エジプト国民の多く(殆ど)は新聞を読まないので、世相を反映しているものとして新聞情報を扱うのは大間違いです。

上記の世論調査は、4月29日と30日の二日にわたり、18歳以上のエジプト国民2106人に対して行われたものだそうで、エジプトの「殆どの県」で実施されたそうです。全県ではなく「殆どの県」というところが、エジプトらしくてよいと思います(笑)。

しかしエジプトの世論調査というのは本当にあてにならなくて、例えばアハラーム研究所もよく世論調査をしているのですが、大統領選挙の前にしょっちゅう発表されていたアハラームの調査結果によると、アムル・ムーサーに対する支持率がずーーーーーーーっと一位だったにもかかわらず、選挙結果は惨敗。

というわけで、バスィーラの調査もどの程度あてになるのか全然わからないのですが、まぁ、こんなもんかーと軽く参照する上では面白い結果です。

反体制派といえば、今は「反抗تمرد」を名乗るグループが「ムルスィー大統領への支持の撤回」に同意する人々の署名を集めて回っているのですが、今朝、道ばたであった知り合いが、この署名の為の紙を持って「オレは署名するぜ」、なんて嬉しそうに見せてきました。

6月末までに1500万人分の署名を集めることを目標としているそうで、既に300万人分は集めたとのこと。今後もエジプト全土で運動を展開するそうです。

「不服従」は救国戦線と一緒に署名運動を行っているのですが、救国戦線の支持率・・・というか知名度自体がものすごく低い中、こうした運動がどれだけ健闘するかは未知数です。

無意味だとは言いたくありませんが、署名活動するなら、普通に選挙に出て堂々と戦えばよいのに・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか???
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/112-4b945142

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。