--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/136-e5e35e80

06

28

コメント

アメリカ人の死

ついに外国人に犠牲が出ました。

今日は6月30日のデモ直前の金曜日。

エジプトで何かことが動いているときには、金曜日の集団礼拝の後に全国で大規模デモが発生するのが常です。ですから今日も当然、全国各地でデモおよび衝突が発生しました。

アメリカ人が死亡したのは、アレクサンドリアで発生した衝突のさなかです。ナイフで胸を刺されたのが致命傷になったようなのですが、その際、彼は衝突の写真をとっていたそうです。

一説によると、アメリカ文化センターで英語の先生をしていた人で、携帯電話で写真撮影をしていたとされています。詳細、真相は正確にはまだわかりません。

私自身は衝突の最前線に行くことはないとはいえ、やはり身につまされます。

今日アレクサンドリアで、同胞団員がデモ隊にむかって実弾を撃っているところだとされる映像がこちらです。



残念ながら、エジプトでいわゆる衝突というのがおこるときには、必ずと言っていいほど実弾が使われ、犠牲者がでます。誰が実弾を使ったのか、不明なまま終わることも多いのですが・・・。

アレクサンドリアの他に、今日はシャルキーヤ県でも激しい衝突が起こっています。先日シャルキーヤの衝突で亡くなった同胞団員の若者の葬儀が行われ、その後に同胞団員と反大統領派との間で衝突が激化しました。死者は今のところ報告されていないものの、負傷者は多数出ている模様です。

同胞団は、団員を殺したのは救国戦線だと糾弾しています。救国戦線が雇ったバルタゲーヤによって殺された、とも言われています。こちらも、真相は不明。

また先ほど、ポートサイードで3000人規模のデモ中に仕掛け爆弾が爆発し、一人死亡したという一報が入りました。この手の爆弾事件はエジプトではあまり起こらないので、気味が悪いです。

今日のエジプト情勢に関しては、アルジャジーラがものすごく気持ち悪い報道の仕方をしています。

一応トップニュース扱いではあるものの、大統領支持派のデモが常に先の扱い。反対派のタハリールのデモは、記者リポもなし。

同局の立場が鮮明に出ています。

今回のエジプトデモについては、私はもうジャジーラ報道は死んだものとみなしています。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/136-e5e35e80

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。