--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/139-78c7b542

06

30

コメント

武装したムスリム同胞団員の訓練映像

エジプト時間20時50分現在、7県で衝突が発生し、174人の負傷者が出ているとのこと。

保健省の発表です。

バニースウィーフでは、死者が1人出ているという情報もあります。

今のところまでの、印象深い映像をのせておきます。

▼武装し衝突に備えて訓練するムスリム同胞団員



見たことのない絵面です・・・。

おなじみの同胞団コールも、勇ましい様子。

なんともまぁ・・・。

▼タハリールへ向かう警察高官のデモ



現役公務員である警官が反政府デモに参加するなんて、相当なことです。

少なくとも私は、こんなの初めて見ました。

「ムルスィー政権打倒!!」と声をからして叫んでいるのが印象的。

※あとから気づいたのですが、上記映像1分27秒から右下に見切れているのは、身内です(笑)。

▼おばちゃん中心の反対派デモ行進



大統領反対派デモの中心は、世俗派とか若者とか言われることが多いように思うのですが、世俗派でも若者でもない、ふつうのエジプトのおばちゃん(ムスリム)もたくさん参加しています。

▼放火されるムスリム同胞団総本部



この映像がとられてしばらくした後、反対派・・・とはいってもかなりチンピラ風の人々が、ものすごい勢いで火炎瓶をバンバン投げ込み、今でもモカッタムは炎上中です。

同胞団員が対抗措置として、建物内から反対派にむかってゴム弾を撃ってきているようです。

タマッルドをはじめとする反対派は、平和的抗議活動を訴えているのですが、中にはやっぱりこういう人たちもいるわけで、同胞団員が武装していることだけを責めるのもフェアではありません・・・。

カイロのタハリールと大統領宮殿前では、抗議デモはまだ平和な状態のようです。

モルスィー大統領はイッティハーディーヤの大統領宮殿にはおらず、カスル・エルウッバという別邸にいるようですが、大統領宮殿前では数万人規模のデモ隊が「立ち去れ」コールを繰り返しています。

反対派の中心にいる救国戦線は先ほど、「エジプト国民は同胞団政府打倒まで座り込みを継続する」という声明を出しました。

なんだか・・・想定以上に長引きそうな気がしてきました・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/139-78c7b542

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。