--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/14-4744e93f

10

31

コメント

ミニディスコなる文化

エジプトのリゾートホテルに行くと、毎晩いろいろなイベントがあるのですが、どこに行っても必ずあるのがミニディスコmini discoです。名前はbaby discoとかkids danceとか多少違うのですが、やっていることは全く同じです。

アインソフナのホテルではこんな感じ。

DSC_0585.jpg

シャルム(シャルムエルシェイク)のホテルではこんな感じ。

DSC_0501.jpg

何をやっているのかというと、ホテル内のイベントステージのようなところに子どもが集まって、ホテルのレクリエーション担当のお兄さんやお姉さんたちと一緒に、いろんなダンスを踊りまくるのです。

このダンスのバリエーションも、どこのホテルに行っても全く同じです。例えば、上のシャルムの写真で踊っているのは、Kaczuszkiという歌&ダンスです。



veo veoというのも絶対に踊ります。



chuchuwaも絶対に踊ります。



the music manも絶対です。



aram zam zamも不可欠です。



Kaczuszkiはポーランド語でアヒルの意味らしいです。veo veoとchuchuwaはスペイン語、the music manはそのまんま英語、aram zam zamはもともとモロッコの歌らしいのですがモロッコでは聞いたことがなく、いま普及しているのはロシア語バージョンのようです。

なんでこの組み合わせなのか、そこに必然性はあるのか、全然わかりません・・・。欧米の子どもにとっては、これらを踊れるのは常識なんでしょうか?

私はどの歌も日本ではひとっつも聞いたことがないし、もちろん子どものころに踊ったことも全くないのですが、エジプトのリゾートホテルではこれらを踊るのが間違いなく定番化しており、こうしたホテルに足しげく通うことのできる金持ちエジプト人の子どもたちは、ある程度の年齢になると、これらを完璧に踊りこなすことができるようになります。

うちの娘は今2歳半で、1歳半くらいの時に初めてミニディスコの洗礼をあび、その時は全然踊れないのにみんなの輪の中心に陣取ってちょっと邪魔くさい感じでしたが、最近だいぶ踊れるようになってきました。ホテルに来ると、ミニディスコがあるとわかっているようで、朝から「チュチュワ踊る」とか「ニョンニョンニョン踊る」とか言ってやる気をみなぎらせています。

娘はあと数年のうちに、エジっ子のようにこれらを完璧に踊れるようになる気がします・・・。まあ、私は、現段階でも結構踊れるようになってきています・・・(苦笑)。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/14-4744e93f

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。