--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日運転手がタフリール広場を通りました。頼んでもいないのに。広場はテントが10個ぐらいあって、アイラブエジプトの団扇のようなものを売っていました。平穏なエジプトを見るのは久しぶりなので喜ばしい気持ちになりました。

08

28

20:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/152-f8efe943

08

13

コメント

94%のエジプト人が軍を信頼

Zogby Research Servicesが5月に行った調査によると、エジプト人の94%が軍を信頼していると回答しています。

少し前に行われた調査ではありますが、7月初旬に起こった同胞団政権崩壊劇を理解する上で、この数字の持つ意味はかなり大きいと思います。

5029人のエジプト国籍の成人を対象に行われた同調査のリポートはこちら

目を引くのは、軍を信頼している人の率(=支持率)が94%と圧倒的に高く、続いて司法への支持率が67%、警察への支持率は52%となっている点です。

これに対し、大統領(府)への支持率はたったの27%、実質的に与党である同胞団の政党、自由公正党への支持率も26%にすぎません。

5月時点での現政府(ムルスィー率いる同胞団政府)がエジプトを経済危機から脱却させることができると思っている人は25%のみ、同胞団が民主主義を実践していると思っている人も28%のみ、同胞団がエジプトを統治する能力を持っていると思っている人も26%のみです。

これに対して、反体制派が同胞団政権よりもよい政治を行うことができると思っている人は72%もおり、同胞団がエジプトをイスラム化させ、権力独占をもくろんでいると思っている人も71%いました。

そして2011年の革命については、まだ期待していると答えた人はわずか36%、失望している人は41%にのぼっています。

この5月の調査に関しては、その追跡調査が6月後半に行われており、6月後半の調査では、アラブの春への期待度は改めて68%に上昇しています。

5月の段階では、同胞団政権にうんざりし、「革命なんて、ケッ・・・」と思っていた多くの人々が、タマッルドの活動の広まりとともに、「第二革命いけるかもっ!!」と思い始めた変化が、この数値の変化に現れているようにみえます。

そしてイスラム的傾向をもつ人にも、反同胞団的傾向をもつ人にも同様に、圧倒的に支持されている軍が、最終的にはこうした変化に便乗して起こったのが、前回の政変です。

エジプト軍の特異性については、以前にこちらにも書きましたが、この政変で更に株を上げた感があります。

私のいつも行く果物屋にもスィースィー将軍のポスターがどーんと貼り出されましたし、今回の政変を「軍事クーデター」と呼ばれることに対する嫌悪感は、エジプト人の中ではかなり強いように思います。嫌悪感というか・・・なんで外人がこれをクーデターと称するのか意味が分からない、という感じのほうが強いですが・・・。

エジプトを考える上で、よくもわるくも、軍は必要不可欠な要素であるということです。
スポンサーサイト

今日運転手がタフリール広場を通りました。頼んでもいないのに。広場はテントが10個ぐらいあって、アイラブエジプトの団扇のようなものを売っていました。平穏なエジプトを見るのは久しぶりなので喜ばしい気持ちになりました。

08

28

20:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/152-f8efe943

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。