--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/158-f897981c

09

05

コメント

内相暗殺未遂事件

今日10時半ころ、ナセルシティのムスタファ・エンナハース通りで内相の乗った車列を狙う爆発が起こりました。内相は難をのがれましたが、重傷者を含む負傷者が21人出ています。

・・・ついに、きた。

という思いです。。。

非常に残念ですが、「来るべくして来た」、という感も否めません。

ターゲットにされたラワーウ・ムハンマド・イブラヒーム内相自身、「これはテロとの戦いの始まりに過ぎない」と述べています。



彼は今週に入り、自分に対する暗殺計画があること、そこに何らかの外国勢力の関与があることを明かしていましたので、本当に、「来るべくして来た」と思っていた節があります。

エジプトでは昨日もアスワンで警官が射殺されるなど、物騒事件が毎日発生していますが、これまでこうした爆弾系のテロ事件は、少なくともカイロ市内では発生していませんでした。

現場はこちら(BBCから拝借)。

_69662424_cairo_attack_464.jpg

ナセルシティというのは、軍や治安関係機関が多く存在し、また金持ちも多く住む、カイロ空港手前の地区であり、同胞団が長らく座り込んでいたラービアのある地区でもあります。

内相の車列も厳重な警備がひかれていましたが、それでもなお発生した今回の暗殺未遂事件。

爆弾は、車爆弾だったとも、仕掛け爆弾だったとも言われていますが、「非常に高度なテクニックを用いたもの」であるなんて述べている専門家もいます。

保健省は21人が負傷し、中には重傷者も含まれていると発表しています。内相は、脚に重傷を負った子どもがいるとも述べており、別の筋では負傷者のなかに英国人女性観光客がいるともされています。

治安施設は現在も軍が厳重警戒にあたっていますが、治安関係者の自宅や通勤路とまでなると、もはやどこに気をつけて生活をすればいいのやら、全然わからなくなってきます。

エジプトの非常事態令と夜間外出禁止令は、13日で1ヶ月を迎えますが、こんなことが起こってしまっては、少なくとも非常事態令はしばらく継続すること間違いなしです。

テロとの戦いの前線が、シナイ半島だけではなくカイロ市内にまでおよんでしまうとは・・・イエメンのサヌアの話を聞いているかのような錯覚に襲われます。。。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/158-f897981c

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。