--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/165-4c555722

09

30

コメント

アルカイダと同胞団の共闘?

あまり知られていないかもしれませんが、エジプトはテロとの戦いの最前線のひとつです。

エジプト軍は現在、シナイ半島でテロリスト掃討作戦を展開しており、昨日は8カ所の隠れ家、3カ所の地下倉庫、5カ所の地下トンネルを破壊し、テロリストを13人拘束、うち3人はハマス、もう3人はアルカイダのメンバーだった、とのことです。

ムスリム同胞団が政権をとっていたころは、どの新聞においても、どの識者も、「エジプトにはアルカイダはいない」とか、「思想的にアルカイダに毒された人はいるが、アルカイダ組織やメンバーはいない」と口を揃えて言っていたのですが、7月の政変以降は、今度はみんなが口を揃えて、「エジプトにアルカイダはいるっ!!」と力強く断言するようになりました。

なんなんでしょうね、この変わり身の早さは・・・。

様々な記事を総合してみるに、これは別に最近になって急にアルカイダがエジプトに進出してきたというわけではなく、前々からいたんだけど、同胞団時代には報道規制があって、アルカイダがいる、とか言えなかったんだよね、ということのようです。

しかも単に、同胞団は、アルカイダがエジプトの地を蹂躙しているということを、国民に知られたくなかったというだけのことではなく、同胞団がアルカイダと共闘する意図を持って、かなり積極的につながっていたという証拠や証言も、あちこちから出て来ています。

例えば、昨日UAEのメズマー研究センターというところが発表した報告書によると、エジプト軍は現在実施しているテロ掃討作戦において、ムスリム同胞団のメンバーと、様々なテロ組織と、モルシ前大統領の諮問官らとの間でかわされていた秘密文書や証拠を多数入手した、とのことです。

アリー・マイサル・アブドゥッサイイド・ターハというタクフィール組織のリーダーが先日拘束されたのですが、彼のもとからは多数の携帯電話が押収され、それらにはモルシ前大統領の補佐官であるイマード・アブドゥルガッフールや、諮問官であるアイマン・ハドハド、アスアド・シェーハらの電話番号が登録されていたそうです。

筋によると、同胞団は政権について以降、シナイ半島とスエズの通行許可権を完全に掌握、爆弾を作る材料になるTNT火薬を0.5トン入手し、爆弾を作る訓練をうけたアルカイダのメンバーを多数エジプトに入国させた、とのこと。そして、なんとまあ、彼らは大統領府に所属する車に乗せられてシナイ半島に行き、ハマスの傘下に入ってせっせと爆弾を作っていた、とも報告されています。

筋はまた、エジプト軍の押収した書類には、同胞団副団長でロンドン在住のグムア・アミーンと、同胞団国際部長でイスタンブール在住のイブラヒーム・ムニール、ガザにいると思われるマフムード・エッザトらの交信記録も含まれているとしています。

相変わらず、この手の話は、何がどこまで本当なのかさっぱりわからないのですが、大統領府の車にのってアルカイダがシナイ入りし、そこでハマスとせっせと爆弾を作ってるって・・・同胞団はまだまだ、エジプト政府と正面きっての武力衝突を画策しているということでしょうか?

シナイ半島以外のエジプト各地では、いまだに同胞団員がデモをしたり、大学で他の学生と衝突したり、交通を麻痺させようと地下鉄ジャックを試みたり、なんだかもうかなりグテグテな感じであれこれとやっているのですが、指導部の機能はどうなっちゃったんですかねえ?

同胞団は、軍隊的な上意下達組織ってことになってるはずなんですが・・・

武装作戦と市民運動と、二本立てで行きましょう、ってことになってるんでしょうか?

更にはこんな、同胞団支持を表明する「ラービア・グッズ」が売り出されたりもしていて・・・

b256d38e0ce5455ad69b63120051df68.jpg

どっちの方向に向かおうとしているのか、さっぱりわかりません。

先週、裁判所が同胞団のあらゆる活動を禁じる判決を下したのですが、今後の展開からまだまだ目がはなせません。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/165-4c555722

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
3位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。