--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/171-f40ecf0b

10

20

コメント

自宅前の巨木が倒れ1人死亡

一昨日の夜中、17回の検問を通過して帰宅すると、自宅前の巨木が倒れ、通りの反対側にある建物に突き刺さっていました!

こっ、これは・・・という光景。

このときは疲労困憊した上に、娘を抱っこしていたので写真は撮りませんでした。

翌朝、チェーンソーのものすごい音で目覚め、窓から外を覗くと、ヒジャーブをしたおばちゃんが、勇ましく木を根元から切り倒そうと奮闘していました。

DSC_0009.jpg

しかし、木が前の建物に突き刺さったまま、何のフォローもせずいきなり切り倒すってのはまずいんじゃないの・・・?と思っていると、突き刺さっていた木が下方にぐぐっとズレて、今度はエアコンの室外機を直撃!ガスが噴出します・・・

DSC_0005.jpg

オーマイガット・・・

DSC_0011_20131020175255c15.jpg

その後、私は部屋にもどって洗濯をしていたのですが、しばらくすると大声で「アッラーフアクバル!」と連呼するのが聞こえ、何ごとかと思って見にいくと・・・

DSC_0021.jpg

なんと、殉教された方が一名・・・

なぜ?!

なぜ木に気をつけない?!

・・・はぁ。

自宅前で殉教者が出るなんて・・・。

言葉を失います・・・。

下に落ちた木を切断する作業をしていた方で、作業中に幹が倒れてきて頭を直撃して亡くなったとのこと。

享年55歳。

رحمه الله

チェーンソーを使っていたおばちゃんがものすごく責められていましたが、どういうことなのかさっぱり・・・

その後、チェーンソーに懲りた(?)のか、別のおじさんが斧で作業を再開。

DSC_0022.jpg

木を切り倒した後の状況。

DSCN1483.jpg

壁の倒壊っぷりは、まるで迫撃砲を撃ち込まれたかのようです・・・。

引いてみると・・・

DSCN1486.jpg

ここはシリア・・・?

木が倒れ、殉教者が出ただけで十分に惨事なのですが、さらにこの壁にこの建物のガス制御機が取り付けられていたため、それ自体も破壊されて、建物全体のガスが不通に・・・。

DSCN1491.jpg

写真中央の二本の棒のようなものが、ガス管です。

崩れた壁と倒れた木を撤去し、新しい壁を作った後、初めてガスの対策をとることができるとのことで、いつになったらガスが使えるようになるのか、見通しがたちません・・・。

私たちは3日間、お風呂に入れず、料理も出来ず・・・という状況ですが、今後これがいつまで続くのやら・・・。

エジプトというのは、普通に生活するだけでも種々様々な困難や苦労のつきまとう国だなあ・・・と再認する日々です。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/171-f40ecf0b

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。