--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/183-7fbd3b6b

11

17

コメント

エジプトで魚(1)鯛編

暑い国エジプトも、11月半ばにして、ようやく少し涼しくなってきました。

この時期になると、やっと近場でも美味しい魚が手に入るようになります。

エジプトでは魚は買わない、という日本人が多いのですが、私は買います・・・というか、美味しそうな魚を見つけたら、それこそすぐさま、確実に買いに走ります。

そしてエジプトは紅海と地中海に囲まれた豊富な漁場を持つ国ですから、当然、美味しくて新鮮な魚が手に入ります。(まあ、夏場は無理なのですが・・・。)

基本的に、生の魚は全て、切り身の形状ではなく丸ごと一匹で売られています。

そして1キロいくら、と値段がつけられているので、欲しい分だけ(1匹とか2匹とか)重さを測ってもらい、その分の代金を払います。

エジプトで手に入る魚もいろいろあるので、今回は鯛の類をご紹介。

まず、こちらが一番手に入りやすい鯛類。

エジプトではデニースと言われている魚です。

DSC_0023.jpg

普通に塩焼きにしたり、煮付けにしても食べられますが、ちょっとクセがあるので、あれこれ工夫をして食べた方が美味しいです。

例えば、オリーブオイルとレモンでマリネして、ギリシア風に焼いてみたり・・・

DSC_0005_20131117184235afe.jpg

ハーブでマリネしてオーブン焼きにしてみたり・・・

DSC_0041.jpg

ワイン蒸しにしたり・・・

576030_303287703082307_310742694_n.jpg

はたまた、鯛飯にしてみたり・・・

DSC_0277.jpg

と、バリエーションは多種多様。

そしてこのデニースよりも美味しい鯛類が、ムルガーンと言われている魚。

エジプトでは赤い色をした鯛類は一般にムルガーンと呼ばれ、さらにムルガーンの中にもいろいろあるのですが、こちらが、ムルガーン・アブーナッザーラ。

DSC_0014.jpg

そして、こちらがムルガーン・イスカンダリーヤ。

DSC_0422.jpg

イスカンダリーヤの方が、見た目は地味ですが、味は格段に良く、値段もアブーナッザーラの倍くらいします。

このムルガーン類は、先ほどのデニースで紹介したどの料理を作っても、デニースより美味しくできます。

私はシンプルに、丸ごと煮付けるのが一番好きです。

丸ごと魚料理は、どうやってやればよいのかわからない!と抵抗がある人が多いようなのですが、お腹を出して、ウロコをとってもらうまでは魚屋さんにやってもらい、あとは料理をする前に必ず全体に塩をふってしばらく放置し、そのあと水気をきっちりとふきとって、臭みを確実に除去し、ある程度身をしめるのがコツです。

アラビア語ができなくても、美味しそうな魚を指差してとってもらい、あとは英語でClean, pleaseとか何とか言えば、ウロコとりとお腹出しくらいはやってくれるはずです。

エジプト在住者の方々、是非お試しあれ。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/183-7fbd3b6b

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。