--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/19-1d51c16d

11

08

コメント

ニカーブの構造と女性のかぶりものいろいろ

先日、このところエジプト各地でニカーブをかぶった「女髪切り魔」が出没しているという記事を書きました。

ニカーブをかぶった女性はエジプトの街中にも結構たくさんいます。

にかーぶのひと

この二人の女性は、頭部にニカーブنقابとヒジャーブحجابをかぶり、下にアバーヤعباءة(ジルバーブجلبابともいいます)を着ています。手前の女性は、更に手袋まではめています。

ニカーブやら、ヒジャーブやら、アバーヤやら、なんのこっちゃ???という感じですが、これらは(特に)アラブのイスラム教徒女性が身につける装具の名前の一部です。アラブのイスラム教徒女性は、頭髪を覆ったスタイルをしている人が多いのですが、その覆い方は様々で、覆っている装具にも多様なバリエーションがあります。

エジプトで一番多いのは、ヒジャーブだけをかぶっている女性です。

ひじゃーぶ

色も柄も結構華やかで、よく見るとかぶり方にもいろいろあることがわかると思います。ヒジャーブというのは基本的にはふつうのスカーフで、それを頭髪と首の周りを隠すように巻き付けます。

また右の女性のように、何もかぶっていない人もいます。エジプト人は10%ほどがキリスト教徒で、彼女らには頭髪を覆うのが宗教的義務だと言う考え方はありませんし、ムスリム女性であってもヒジャーブ着用はイスラム的義務ではないと考えている人もいます。

年配の女性の中には、ヒマールخمارをかぶっている人も結構います。

ヒマール

ヒマールはヒジャーブよりずっとサイズが大きく、顔だけを出して首の下の方までずーっと覆い隠すスタイルで装着します。

そしてこれが、最近エジプトにも出没している、ニカーブとイスダールを装着したスタイルです。

にかーぶわたし

この人(私ですが・・・)は頭部に、ニカーブだけをかぶっています。目の上下を覆い隠している布が、ニカーブです。頭にかかっている部分をぺろっとはがすと、こんな感じになります。

めくったら

つまりニカーブは、目の下、鼻の上の位置で一度後ろにひもをまわして後頭部でそれを結び、その後布を一枚ぺろっと後ろにやって、目の部分だけを出すようにする、という構造になっています。

ニカーブだけをかぶっている、というわりには、ニカーブをぺろっとはがしても、まだ頭になにかかぶってるじゃん?!と思われるかもしれませんが、これはイスダールاسدالというものを着ているのであり、頭だけに何かをかぶっているわけではありません。

ニカーブをはずして、イスダールだけになると、こんな感じになります。

じゃーん。

いすだーる

なんじゃこりゃ?という感じですが、イスダールというのは、あたまの上からつま先までを覆い隠す衣装で、後ろから見るとひとつながりになっており、前から見るとこんなふうに顔の部分だけぽっかり開いているという構造になっています。エジプトの人は伝統的にはこういう服は着ないのですが、最近はニカーブブームにのっかって、湾岸諸国からイスダールも輸入されてきているそうです。私が着ているのは、UAE産のものです。

しかし、イスダールにせよニカーブにせよ、着て歩いてみるとわかるのですが、ひじょーーーーーーーーに暑いです。かつ、ひじょーーーーーーーーーに動きづらく、ひじょーーーーーーーーーに視界が悪いです。エジプトには、ニカーブをかぶって車の運転をしている女性もいるのですが、あれしか視界がなくて、よく運転ができるなあ、と感心するやら恐ろしいやら・・・という感じです。

イスダールとニカーブをかぶると、外気の通るのは目の部分だけなので、暑いだけではなくかなり息苦しいです。実際に私は、一日着ていた時、外出先で窒息しそうな感じでした。足さばきが悪いうえに、視界も悪いので、階段をのぼったり下りたりするのも至難の業です。

以前アブー・イスラーム師というイスラム主義者にインタビューをした時、彼は「ニカーブ着用は自由人女性の自由の象徴だ!」と強調していましたが、夏場普通に40度を超すカイロに住んでいる以上、ニカーブを着ない自由を選択したい・・・と思ってしまう私でした。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/19-1d51c16d

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。