--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/195-ef7706bb

11

25

コメント

シナイ半島の新しい道路標識

facebookで友人が、こんな図をシェアしていました。

題して、「北シナイにおける新しい道路標識」。

1470045_602378166477838_590110966_n.jpg

絵を見ればだいたいお分かりかと思いますが、一応順にご紹介します。

中央上は、「狙撃者に注意」

左上は「RPGに注意」

右下は「自爆者に注意」

中央下は「同胞団に注意」

右下は「爆発物を積んだ車両に注意」

・・・どれもこれも、シャレになってません。

が、これが北シナイの現実です。

あ。もちろんこれらは、ブラックジョークであり、北シナイで本当に使用されている標識ではありません。

エジプト軍は現在、テロ掃討作戦を実施していますが、その主戦場のひとつがシナイ半島北部です。

シナイ半島には10程度のテロ組織が潜伏しており、警察や軍を狙った攻撃を執拗に続けています。軍の側は、それらを駆逐すべく、日々空爆や戦闘を行い、テロリストの検挙につとめています。

先日、北シナイのアリーシュ近郊在住者と知り合ったのですが、爆撃、銃撃戦は日常のことで、もう慣れたから平気〜なんて言っていました。

平気なわけはないと思うのですが、なんというか、平気と思っていないとそういう環境下では暮らしていけないのだと思います。

今爆撃されるかも、三秒後に銃撃されるかも、明日仕掛け爆弾にあうかも・・・なんて考えながら毎日暮らしていたら、精神的にイカれてしまうにちがいありません。

テロ掃討作戦が行われている北シナイにも、普通の人がたくさん生活しています。

いつも、「軍頑張れ!」「テロリストやっつけろ!」と思っている私ですが、それらに怯え・・・というか、怯え続けて暮らした結果、それを日常として暮らさざるを得なくなっている人々がいることを、忘れてはいけないな、と思いました。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/195-ef7706bb

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。