--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/2-9ac5de49

10

17

コメント

アインソフナ:ホテル比較編

アインソフナالعين السخنةは、カイロから車で1時間半ほど行ったところにある紅海リゾートです。アインソフナ


エジプトの紅海リゾートというと、シャルム(シャルム・エルシェイク)が有名ですが、シャルムはカイロから飛行機に乗るか、もしくは延々と車を走らせて行かなければならないので、そう気軽には行かれません。

それに比べるとソフナは非常に身近なリゾートで、我が家の場合には「思い立ったら行く」というノリでいつも行っています。なぜならカイロ在住者にとってのソフナは、いわゆる「安近短」で楽しめる唯一の場所だからです。

ソフナにはホテルがたくさんあり、それぞれがプライベートビーチとプールを持っています。ホテルによっては、エジプト人がヴィッラと呼ぶ別荘の集合体が附属していたり、ゴルフ場を併設していたりします。我が家で利用したことのあるホテルは以下の三つです。

1) Stella di Mare Grand Hotel (以下ステラと略)
2) Moevenpick Resort El Sokhna (以下モーベンピックと略)
3) Romance Hotel (以下ロマンスと略)

結論から先に言いますと、総合的にはステラが一番いいと思います。

ソフナは基本的に金持ちエジプト人のためのリゾートなので、サービスや食事のスタンダードは彼ら仕様に設定されています。従って外国人は、ソフナのホテルに過度に期待してはいけません。

でもよいところもたくさんあります。

まず海がきれい。
水の透明度が高く、泳いでいる魚がたくさんみられます。
運がいいと、イルカもみることができます。
注意:時々サメも出没します。。。

そして景色が雄大。
背後に岩山、海の向こう側にはシナイ半島、というワイルドな景色が広がります。
スエズ運河を通る大型船の往来ものぞむことができます。

だから(少なくとも多少は)リラックスできます。
砂砂世界のカイロよりは空気もいいですし、交通量も人の数も圧倒的に少ないので、ちょっと生き返った気になれます。そもそも夏のカイロは、暑すぎて日中の外出はほぼ不可能ですから、海やプールで泳ぎつつ外気を満喫できるだけでも、カイロ在住者にはありがたいのです。

そのかわり、ソフナはカイロより更に暑いので、夏場の海水は温泉並みの温かさだったりしますが。。。

ホテルに話をもどしますが、ステラが一番いいとお勧めする理由は以下の通りです。

1)プールが広くて美しく、部屋から近くにある
ステラのプールは非常に広く、深さもうちの2歳の娘が遊べるような浅い場所から、私の背丈より深い場所までいろいろあるので、泳いでいて楽しいです。掃除も行き届いています。また、ホテルの中庭的なところに位置しているので、部屋からすぐに行かれるのが便利です。

2)ビーチの砂のキメが細かく、果てしなく遠浅な海が広がっている
2歳の娘の膝丈ほどの水深しかない海岸が、プールのすぐ前に広がっています。大人が満足に泳ぐ為には相当先へ進む必要がありますが、子どもがパシャパシャと水遊びをするには最高の環境です。カニやヤドカリを捕まえたり、魚を追いかけたりするのも楽しいです。ちなみにモーベンピックのビーチは非常に狭く、船着き場のすぐそばなので結構ゴミが多いです。またロマンスのビーチは砂浜ではなく砂利がごろごろしているので、痛くて裸足になることができず、(私たち的には)論外です。

3)値段が安い
どのホテルも安いのですが、ステラはジャーナリスト割引という謎の割引がきくので、私たちは格安で泊まることができます。ソフナのホテルの宿泊費にはハーフボードというのが含まれていて、朝食と夕食のビュッフェが自動的についてくるのですが、大人2人(子どもは無料)で一部屋、ハーフボードつきで一泊日本円にして7000円程度です。

残念ながら、ソフナのホテルはどこも食事がマズく、ステラもその例外ではありません。しかしソフナのビーチにはホテルしか存在しておらず、ホテル宿泊者にとってホテルで食事をする以外の選択肢はありません。やむを得ず、私たちがとっている対策は、

1)朝はお弁当を作って持参する
2)醤油を持って行く

の2つです。ビュッフェのマズい料理も、醤油によって多少救われるケースが多々あります。

カイロ在住の方、あるいはエジプトへの旅行を考えてらっしゃる方も、シャルムよりお気軽な紅海リゾートを是非お試しください。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/2-9ac5de49

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。