--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/227-676fc59f

02

26

コメント

セント・カトリーナ、シャルム、ダハブに注意

未だに毎日のようにテロ事件の発生しているエジプトですが、治安当局はただただ手をこまねいているわけではなく、テロとの戦いを継続させています。

主戦場はシナイ半島北部で、毎日一定の成果をあげてはいるのですが、もう次から次へと新人テロリストが出現してくるため、いつまでたってもテロ撲滅にはいたらないのではないか・・・と危惧したりもします。

シナイ半島北部の治安筋によると、昨日はシェイフ・ズウェイド南部とラファハとアリーシュ東部にあるテロリストの隠れ家を攻撃し、15人のテロリストを拘束、うち3人はパレスチナ人だった、とのこと。また、ABM(アンサール・バイトゥルマクディス)の傘下にある組織に属する3人のテロリストを殺害した、とも伝えられています。

(そういえば、このABMという略称は、私が資料をまとめる上でいちいち「アンサール・バイトゥルマクディス」と書くのが面倒であるため、一年くらい前から使い始めたものなのですが、いつの間にか在エジプト日本大使館が同じ略称を用いるようになっています・・・(笑)。)

この3人は、カイロ県、シャルキーヤ県、ダクハリーヤ県のテロリストと、シナイ北部を拠点とするABMとの間の通信員をしていたそうです。

また同筋によると、一昨日殺害されたABM指導者の一人であるユースフ・ムハンマド・ハマードの服の中から発見された計画書から、彼らのテロ計画の主軸が、シナイ半島の観光施設と治安施設を攻撃することにあり、特にセント・カトリーナ修道院、ダハブ、シャルムエルシェイフがターゲットであると判明した、とのこと。

また国境警備隊筋は、昨日はシナイ半島からのびる12のトンネルを破壊し、これでこれまでに、合計1309のトンネルを破壊したことになる、としています。

こうした筋系の情報は、いつものように、何がどこまで本当だかわからないのですが、毎日のように類似する情報が出ていますし、大筋ではそうはずしていないと思います。

・・・というわけで、セント・カトリーナとダハブ、シャルムには、しばらくの間行かない、というのが賢い選択かと、個人的には思います。

・・・というか、私は行きません。

シャルムの透明な海と、キラッキラの太陽と、色とりどりの魚たち・・・あ〜行きたい!!

この一週間ほど、カイロは夏のような気候になって来て、泳ぐにも最高の季節なのですが、もう海には長いこと行っていません。。。

去年は6月末から政変で大混乱、その大混乱のまま夏を迎え、冬になり、海に行かれないまま、季節がぐるっとめぐってまた春がやってきました。

一昨日、ビブラーウィー内閣が急に総辞職してしまい、そのせいで、大統領選挙は更に更に遅れそうな情勢です。

大統領選挙法が発表されるのは3月2日か?なんて報道も出ていますが、それから立候補受付をして、選挙戦をして・・・なんてやってたら、たぶん選挙自体は5月くらいになるんじゃないでしょうかねぇ?

エジプト政治安定への道も、シャルムへの道も、果てしなく遠い・・・です。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/227-676fc59f

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。