--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/237-e127aea8

03

18

コメント

毎日が停電・・・

停電ネタはこれまでも数回書いてきましたが、この2ヶ月ほど、また停電問題がかなり悪化してきました。

私はエジプトの首都カイロの中でも、各国大使館が集まり、かつ外国人とエジプト人金持ちしか住んでいないザマレクという地区に住んでいるのですが、ここはおそらく電気事情は他のどこの地区よりも恵まれているはずなのに、それでもこのところほぼ毎日停電しています。

ここはエジプトなので、日本とは異なり、いつどこで停電します、とか、いつ電気が戻ります、とかそういったお知らせは一切ありません(←あたりまえ)。

電気がなくてもまあ、暮らせるのでいいのですが、食事関係で困ることがしばしばあります。

最低なのは、今日は鍋にしよう〜!とか、しゃぶしゃぶにしよう〜!といって、電気コンロをつけて食べ始めた瞬間に停電・・・というパターンです(笑)。

いや、結構あるんですよ、ホントに・・・。

なぜかうちの停電は、夕食時に重なることが多く、このごろは上記パターンを恐れて鍋料理を回避するようになってきました。

あとは、ご飯が炊けるようにタイマーを設置して出かけたり、夜寝たりしていたのに、途中で停電したせいでご飯炊けてない・・・というパターン。

これも困るんですよね。。。冷凍してあるご飯はあるのですが、レンジも使えないので解凍できない・・・。

あかりがつかないのは、これはこれで結構いいもので、みんなで飲んでいる時に停電すると、充電式のライトをもってきたり、ろうそくをつけたりして、そのあかりでまた飲み直す・・・っていうのは、なかなか乙なものです。

もうじき帰任する友人などは、「日本には停電がないからつまんないな〜」なんて言いだす始末(笑)。

しかしこの停電、地方ではその状況はかなり深刻で、今日のワタン紙によると、ミニヤー県では子ども達が学校から帰り、予習や復習をする時間帯に数時間停電するため、子どもの勉強に支障が出ている、とのこと。

ミニヤーのラウダ村では、停電は4時間に及ぶときもあるし、夜数時間停電しっぱなしのときもあるそうです。

クフルシェイフ県の各村でも、毎日4時間停電、村によっては5時間停電することもあるそうで。

ディムヤート県やマヌーフィーヤ県でも、4時間の停電はざらにあるそうです。

ザマレクの停電はせいぜい1時間程度なので、地方と比べるとかなり恵まれた環境なのは間違いありません。

それでも、ザマレクでは朝昼晩と一日に三回停電することもあったりし、私は仕事はデスクトップのパソコンでやっているため、いきなり停電→パソコン強制終了〜ということもしばしば。

このまま灼熱地獄の夏に突入したら、いや〜つらいでしょうね・・・。

想像するだに、恐ろしいです・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/237-e127aea8

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。