--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/248-26fe4da8

04

14

コメント

女性大統領はイスラム的に違法?

エジプトの女性活動家ブサイナ・カーメルさんが昨日、次期大統領選挙に立候補する為のメディカルチェックを受けました。

彼女は2011年の大統領選挙の際にも立候補の意志を表明したものの、立候補要件を満たすだけの署名を集めることが出来ずに断念、先日、今回の選挙にも立候補すると明らかにしたばかりです。

一方、ダアワ・サラフィーヤの副会長であるヤーセル・ブルハーミー師は今朝のタハリール紙に対し、「女性大統領はイスラム法に違反する」と明言しています。

ブルハーミー曰く、エジプトの大統領の適性は、エジプト憲法に則って定められるべきであり、エジプト憲法には、イスラムのシャリーア(イスラム法)が法源であると明記されている。そして、女性がこの地位(=大統領)につくことはシャリーアに反するとされており、この件については法学者たちの合意(イジュマー)が成立している、とのこと。

ブルハーミーは、シャリーア的には他にも女性がついてはならない地位というものがあり、例えば女性防衛大臣はイスラム的に認められないとしています。なぜなら、女性の指揮下に実際に戦争を行うということはあり得ないからだそうです。そして、女性に戦争の指揮をとることが認められない以上、戦争の指揮以上に厳しい選択を迫られることになる大統領職には、女性がつくことはできないのは明白だ、としています。

また、よりはっきりと、こうも述べています。

「あのね、エジプト国民は、ムスリムなの。女の大統領なんて、認めるわけないでしょ?!」

はい、これが本音です。

「大統領やその他の行政職は、女の本質には適さない」

とも述べていたそうです。

イスラム世界の歴史をひもとくと、女性の指導者というのもいることはいるのですが、イスラム法学者がイスラム法的にそのことを論じると、大概ハラーム(違法)という結論に至ります。

これは明文規定ではないのですが、イジュマーが成立している規定です。

エジプト国民がみな、大統領の適性についてイスラム法的に論じるわけでは全くないのですが、一方で、政治指導者は当然男のムスリムであるべき、と思っている人が大多数を占めているだろうことは容易に想像できるわけでして。

その意味では、ブルハーミーの言っていることは真実だと思うのですが。

エジプト国民の中にはムスリムじゃない人も1割くらいはいますし、フェミニストだってほんの少しくらいはいるんですけどね・・・。

ブサイナさん、今回は正式に立候補できるのでしょうか?

頑張ってほしいものです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/248-26fe4da8

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。