--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/26-58186385

11

19

コメント

カラダーウィーと「イスラム法の目的」

先日カラダーウィーがアズハル・モスクで説法を行ったという記事を書きましたが、今日またカラダーウィー関連で私個人として非常に注目すべき新聞記事を見つけてしまいました。

DSC04307.jpg

アハラームの記事なのですが、内容はだいたい以下のような感じです。

「カイロにあるイスラム最高議会を訪問したカラダーウィー師は、ワクフ省に属するイマームや説教師たちと会談し、比較衡量すなわち利益と害(マスラハとマフサダالمصالح و المفاسد)のバランスに立脚した法学、および人々の現実と要請に立脚した法学を考慮し、また中道的で中庸な解釈を行うべき旨を要請した。この種の会談は、当局がカラダーウィー師にエジプトにおけるフトゥバを禁じて以来、初めて実現されたものである。この場でカラダーウィー師は、エジプトのイマームや説教師やモスクの説法を行う人々に向け、イスラム法の普遍的な目的に立脚した法学فقه المقاصد الكليةについて理解し、適用する必要性についても訴えた。イスラム法の普遍的目的とは、イマーム・アルガザーリーامام الغزاليが指摘した概念であり、彼は宗教、生命、子孫、理性、財産を保全することがその目的であると論じている。ワクフ省の公式報道官であるサラーマ・アブドゥルカウィー師は、カラダーウィー師のイスラム最高議会訪問は、イスラム宣教の役割が新たな段階に入ったことのあらわれであると述べた。またイスラム最高議会の事務局長であるサラーフ・スルターン氏は、カラダーウィー師はこの時代最高の学識者であり、共同体の法学者であり、その高貴なる声でアラブの諸革命を動かした世界的重要人物である、と述べた。」

私は記事を読んだだけで、実際にはどんなものいいだったかはわからないのですが、彼の趣旨を(私が勝手にわかりやすく)代弁してみると、次のようになります。

「イスラムは大事だよ、もちろん。でもねえ、極端な解釈はいけない。今の人々には今の人々なりの現実があり、問題がある。それらを無視して、昔ながらのイスラム法をやみくもに適用するのは、そもそものイスラム法の目的に反するのだよ。ガザーリーが言っているように、神は、人間の宗教、生命、子孫、理性、財産を保全することを目的として、人間にイスラム法をさずけてくださったのだから、それらがそこなわれてしまっては本末転倒というものだ。法を適用する際には、適用した場合に想定される利益と害をきちんと考慮し、利益が得られる場合にはその法を適用すべきだが、そうでない場合には適用を回避すべきなのだ。」

おそらく、いや、まちがいなく、これはサラフィー勢力に対する牽制のメッセージなのだと思います。

マスラハとマフサダの比較衡量、あるいは利益衡量に立脚した法学の必要性を主張しているのはもちろん、カラダーウィーだけではありませんが、この考え方が現代のイスラム世界に広く流布する上で彼の果たした役割は、小さくはないと言えます。

私はこのマスラハ理論をずっと研究しつづけ、これで博士論文を書きました。これって、昔も今も、イスラムが現実と折り合いをつけていきながら繁栄するためにすっごく重要な理論じゃない?!と自信を持って研究してきたのですが、日本では全然誰にも理解されず・・・。

エジプトにいて毎日10紙くらい現地新聞を読んでいると、マスラハ理論とかガザーリーとかが登場する、この種の超マニアックな記事が時々あって、個人的に非常に盛り上がれるのが嬉しいところです。この喜びを共有できる人はいませんが・・・。

それにしてもワクフ省、気味が悪いほどのカラダーウィーのもちあげっぷりには、あっぱれ、としか言いようがありません(苦笑)。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/26-58186385

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。