--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/262-4a252c78

06

30

コメント

連続爆弾テロとエジプト治安情勢の概略

今日6月30日は、モルシ元大統領を権力の座からひきずりおろすための大規模デモが行われてからちょうど1年、という節目の日です。

エジプトでは去年のこの日の出来事を、「6月30日革命」と呼んでいます。

逆にムスリム同胞団側からすれば、この日は「選挙の合法性」をひっくり返す「軍事クーデター」の序章であり、今日も反政府デモが呼びかけられていました。

まあ、必ず何かある、とは思っていましたが、案の定、イッティハディーヤ(大統領宮殿)前で仕掛け爆弾3発が爆発し、これまでに警官2人が亡くなっています。

27日にアグナード・マスルというテロ組織が、犯行予告声明文を発表していました。

あ

仕掛け爆弾2発を埋めた場所についても、詳細に言及しています。アハラーム通りとミルガニー通りの交差する地点だ、とのこと。

う

カイロでは6月25日にも連続爆弾テロが発生しており、この時は地下鉄の3つの駅で爆発がおこった他、裁判所前の道でも爆発が発生しました。幸い、死者は出なかったものの、今日は既に犠牲者が2人出ています。

エジプト治安状況については、エジプト在住者やエジプトにこれから赴任してくる日本の方などからよく質問されるのですが、私の基本的な認識は以下の通りです。

1) エジプトの治安状況は概して悪いが、どんどん悪化しているというよりは、2011年の革命以降、常に悪く、特に2013年夏以降の状況はかなり悪い

2) 治安を悪化させている直接の要因となる事件は、おおよそ70%が爆弾テロ、20%が武装組織による襲撃、10%が自動車爆弾など自爆テロである

3) テロ事件はほぼ毎日発生しており、その多くは北シナイ(アリーシュやシェイフズウェイド)であるが、カイロやその他の街でもしばしば発生する

4) テロ事件の発生場所は主に、警察や軍といった治安関係施設、統治機構であり、テロのターゲットとなっているのは主に警官、軍人、政治家であるが、民間人の死傷者も多く発生している

5) エジプトには日本人が1000人未満ほど暮らしており、現状ではテロに巻き込まれた邦人はいない

6) カイロ在住者がとれる自己防衛策は、治安関係施設、官庁等の施設に近寄ったり、そこを通過することはなるべく避ける、地下鉄には乗らない、人ごみ(特にデモ)には近寄らない、といったこと程度であるが、できるだけ最新のニュースを常に把握するよう心がけることが重要

昨日はイラクで、カリフ制イスラム国家の樹立が宣言されました。

エジプトのイスラム主義組織がイラク人のバグダーディーをカリフとして奉ずるとはとても想像できませんが・・・いずれにしても、まだ先の見えない状況は続きそうです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/262-4a252c78

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。