--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/278-c8b9370f

11

20

コメント

カイロ市内で連続爆弾テロ

今朝、カイロ市内の二カ所で爆弾テロが発生しました。

一件はヘルワン大学近くの「ワーハ」というカフェテリアで発生。仕掛け爆弾が爆発し、大学警備にあたっていた警官ら6人が負傷しました。

もう一件はラムセス駅という、カイロの中央駅で発生。カイロ駅に到着した列車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、8人が負傷、爆発後のパニックでも大混乱がおこったようです。

連続爆弾テロなのかは不明ですが、同日に連続して爆弾が爆発したのは確かで、急に今朝のシュルーク紙の記事を思い出しました。

同記事には、治安筋の情報として、アンサール・バイトゥルマクディスABMが、シナイとカイロ及びそれ以外の県の5カ所以上で、大規模な連続テロの実行を計画していると書かれていました。

ターゲットは一応、治安関連施設とされているのですが、この辺は最近のテロを見ていると「治安施設に近寄らなきゃいいか〜」と安心してられるような状況ではありません。

カラム・エルカワーディースの事件後、治安当局が拘束したテロリストの数は300人を超え、彼らの取り調べから様々な情報を得ているようです。それによると、カラム・エルカワーディースの事件の数週間前に、イスラム国からABMに攻撃の委任がなされ、パレスチナのジハード組織を通して、資金と武器がABMに渡されたとのこと。

「筋」の話なので、いつものように、何がどこまで本当なのかわからないのですが、これが本当だとすると、ABMがイスラム国に忠誠を誓う前から、両者の間には資金や武器の提供、作戦の委任といった目に見える関係があったことになります。

ABMは、イスラム国から資金提供などを受けることで、そんならイスラム国入りしちゃおっかな?!という気分になり、忠誠を誓う運びになった、とも考えられます。

エジプトでは来週金曜日(11月28日)に、イスラム勢力やテロ組織によって国家転覆を謀る暴動を起こす計画があり、エジプト当局はそれに備えて万全の対策をとっているとしています・・・が、どうなんでしょう???

28日って、ラムセス杯(カイロ在住日本人各チームによるソフトボール大会)なんですよね・・・汗

大事に至ることのないよう、治安当局には予防策にも万全を期していただきたいと強く願います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/278-c8b9370f

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。