--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/284-0c90da34

12

07

コメント

インターポールが同胞団幹部に赤手配書

あのカラダーウィーに国際手配手配書が発行されました!

エジプトのニュースをみて、ついにきたかっ?!とインターポールのページで赤手配書の対象者を検索してみたら、確かにユースフ・アルカラダーウィーの名前が。。。

カラダーウィー

カラダーウィーについては、何度も(しつこく)書いてきましたが、同胞団の主たるエジプト人イデオローグで、カタール政府(とその傘下のアルジャジーラ)と政治的な互恵関係にあり、同胞団政権時代にエジプトに一時凱旋を果たしたものの、同政権崩壊とともにその権威は失墜し、エジプト新政府に対する武装蜂起を呼びかけたりしてしまった結果、新政府が「犯罪者」としてカタールに身柄の引き渡しを求めるに至った、という人物です。

カタール政府がエジプト政府の要請に応じないため、エジプト政府はインターポールに指名手配を要請し、それが受け入れられた結果、こういうことになってしまいました。

カラダーウィーは、こんな風に政治の波に飲み込まれ、大犯罪人として国際指名手配を受けるまでは、現代のスンナ派イスラム世界を代表するイスラム法学者と言ってもよい人でした。。。というか、少なくとも私はそう言ってもいいだろう、と思っていました。彼は今でも、国際ムスリムウラマー連盟という、いかにもそれらしい組織の会長でもあります。

著書が非常に多く、自ら「イスラム穏健中道派」をうたっていたため、私なんかも、現代の学者のイスラム解釈がどんなものかを例示する際には、よくカラダーウィーの学説を引用してきました。アラビア語も読みやすいし(現代のアラビア語は古典アラビア語に比べると断然易しいのです)、どんなことに関しても何かしら見解を述べているので、私の中では引用しやすさナンバーワン現代スンナ派ウラマーだったのです。

でもまあ、蓋を開けてみれば、(当たり前なのですが)やっぱり誰よりもゴリゴリの同胞団員だったわけで、「私は平和を愛する穏健中道派だ!」と自称する奴に限って過激思想の武闘派だったりする典型ですね。。。と自分でも反省したりするところがあります。

インターポールの手配書の容疑の欄には、「故意の殺人、囚人脱獄の支援、放火、破壊行為、窃盗に対する同意、扇動、幇助」とまあ、88歳のおじいちゃんがここまでできるのか?!とぎゃくに疑いたくなってしまいたくなるような内容がてんこ盛りです。

インターポールは他にも40人ほどの同胞団員に赤手配書を発行しています。

カラダーウィーの人生、ホントに数奇だなあ。。。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/284-0c90da34

プロフィール

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。