--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/289-f14cd878

12

21

コメント

エジプトでアジのなめろう&かます一夜干し

エジプトおさかなシリーズ、前回のエジプトでブリしゃぶに続き、今回はアジのなめろうです。

魚と言えば、マグロよりも鯛よりも、何より光りものが好きな私。

今回ウブール市場に行って発見したのが、これです。

IMG_4851.jpg

アジ!

・・・ですよね?

日本のアジより細っそりしているし、よくよく見ると二種類いるような気もするのですが(汗)、まあ、みんなアジの親戚みたいなもんだと思います。

ちなみに、魚屋に「これ何?」と聞いたら、即座に「サルディンだよ」、と言われました。サルディンはイワシのことなので、「え?これサルディンじゃないじゃん?!」と言い返すと、「サルディンの仲間で、オレたちはバタータبطاطاって呼んでるんだ」と言われました。

バタータ?!

バタータというのは、アラビア語でジャガイモの意味で、そういえば昔、アレクサンドリアが大好きなうちのスタッフの一人が、「アレクサンドリアで食べるバタータっていう魚は最高なんだ!」と話していたのを思い出しました。

その時は、「え?魚なのにバタータ(ジャガイモ)?!なんじゃそりゃ?!」と言って笑った記憶があるのですが、どうやら彼が言っていたのはこのアジらしき魚のことのようです。

あ。この写真の一番下に写っているちっちゃいダボハゼのような魚は、タコのお腹から出てきたものです。。。

このアジはさっきアレクサンドリアから届いたばかりだと聞き、家にかえってさばいてみると確かに新鮮なので、そのままわさびじょうゆにつけて食べてみたら、確かにアジの味!

なめろうが食べたい!という人がいたので、ネギ、ショウガ、ニンニク、酒、味噌と一緒にたたいて、なめろうを作ってみました。

IMG_4874.jpg

うまーーーーっ!

これは、私のエジプト料理史上ベスト5に確実に入る旨さでした!

いつものゆかいな仲間たちも、そろってうまーーーーっ!と絶賛。

日本のアジとはちょっと違う、みたいな発言をする人もいたのですが、日本のアジの味など忘れて久しい私にとっては、これこそがまさにアジ。笑。

そして、このバタータの隣で売られていたのが、これ。

IMG_4891.jpg

カマス?!

とりあえず魚屋に名前を聞いてみると、「マカルーナ」とのこと。

私の知っているマカルーナは、これなので・・・

macaronifish.jpg

え?これ全然マカルーナじゃないじゃん?!と言うと、魚屋は、「おー。お前よく知ってるなあ。これは普通のマカルーナとは違う種類のマカルーナなんだけど、でもマカルーナなんだ」、とのこと。

まあ、アジとイワシが一緒とか、マカルーナとカマスらしきものが一緒とか、エジプトにおける魚の分類とか名称は、かなりざっくりしたものみたいです。

そういえば、赤くて目の丸い魚は、みんなまとめてムルガーンって呼びますしね。

この日は魚を超大量に購入したので、カマスを食べるところまではいかず、とりあえず開いて、塩を振って、洗濯物干しに干してみたら、こんな風になりました。

IMG_4916.jpg

今、ネットで見てみたら、一夜干しには正しい作り方があるみたいですが、そうとは知らずに適当に干してみただけなのですが、翌日焼いてみたら・・・

IMG_4918.jpg

かなり美味しいっ! 塩を振りすぎてしょっぱかったぶんを、レモンと大根おろしで調整しました。笑。

ウブールでは、すっごく新鮮そうなイカも手に入ったので、イカ刺しも作ってみました。

IMG_4848.jpg

これまた、甘くてうまーーーーっ!でした。

あと、エビとタコと、大量のサバも買いました。

アジにせよイカにせよ、エジプトの魚は日本とは違って「刺身用」なんて書いて売られているわけではないので、とにかく魚市場に朝行って、自分の目で見て、魚屋にこの魚がいつどこから届いたか確認し、自分でさばいて中身の鮮度を目で確かめ、自分で生で食べてみて舌とお腹でダブルチェックした上でみんなに提供する、というプロセスが必要です。

不思議なもので、魚もさばきまくっていると、あ、これは刺身でいけるな!というのがなんとなくわかってくるものです。

日本人の食卓にはやっぱり、魚ですよね〜。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/289-f14cd878

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。