--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/306-5bb6743c

02

26

コメント

カイロで連続爆弾テロ

今朝早くから、カイロでは爆弾テロが連続して発生しています。

ここで言うカイロとはいわゆる大カイロのことで、行政区域上はギザ県なのですが、慣例上カイロとされている地区で、ここには日本人も多く住んでいます。

朝6時過ぎから、6発の爆弾が爆発しています。

(1) モハンディシーンのアラブ連盟通りにあるボーダフォンの携帯電話ショップで爆弾が爆発、負傷者なし


(2) モハンディシーンのスーダン通りにあるボーダフォンの携帯電話ショップで爆弾が爆発、1人負傷


(3) モハンディシーンのオラービー通りにあるイッティサラートの携帯電話ショップで爆弾が爆発、3人負傷

(4) インバーバのワフダ通りにあるレストランで爆弾が爆発、1人死亡、2人負傷


(5) ワッラークの警察署前で爆弾が爆発、6人負傷、うち4人は警官
(6) アウスィーンの警察署前で爆弾が爆発、負傷者なし

警察署はいうまでもなく、携帯ショップもこれまでテロの標的にされてきました。インフラを破壊するのが敵の目的のひとつなので、携帯ショップだけでなく、電気関連施設もよく爆破されています。

鉄道や地下鉄、バスが爆破されるのも、同様の理由です。

なぜインフラを破壊することを目的とするかというと、国民みんなが困り、果ては政府が困るからです。敵はエジプトの現政権を打倒することを最大の目的としているので、人々を疲弊させ、不満が政府にむくようにしむけるのも、重要なミッションだと考えています。

しかし今回のインバーバのように、非常に庶民的なレストランが狙われることもあります。

目撃証言者によると、覆面をした男がバイクにのって現れ、黒い爆弾のようなものを店員に向かって投げつけて爆発が起こった、とのこと。レストランの店員をめがけて爆弾を投げつける意味は、誰でもいいから狙ってやれと考えていた、という以外には思いつきません。

今朝の連続爆弾テロは、テロ慣れ(?)している私の周りにいるエジプト人たちにも大きなショックを与えています。

エジプト人としても、こんなに無差別になってくると被害を避けて暮らすというのも難しいし、死んだり負傷したりしたら運が悪かったと思うしかない、という感じのようです。

2月8日の朝にも、カイロのヘルワーンで6発の連続爆弾テロが発生しましたが、今回のほうが被害が大きいです。

他方先ほどから、カイロのマアーディーのファトフ・モスク付近で、ムスリム同胞団員と治安部隊が衝突しています。

いうまでもなく、こうした場所には絶対に近づいてはなりません。

同胞団絡みの衝突現場では、実弾が飛び交い、人が死ぬこともまれではありません。

マアーディーもまた、日本人が多く住むエリアです。

みなさん、お気をつけください。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/306-5bb6743c

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。