--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/307-53d10831

03

01

コメント

爆弾発見とその後

26日(木)の連続爆弾テロ事件に引き続き、この週末もエジプトテロだらけでした。

爆弾はあちこちで爆発していますが、事前に発見されて解体処理される場合もあります。以下は先日、マイクロバスの発着所で爆弾らしきものが発見された時の映像です。



エジプトはもともと、道にゴミがたくさん落ちているので、どれが単なるゴミでどれが爆弾らしきものなのかよくわからん。。。といった側面もあるのですが、とにかく上の映像では、怪しいものが発見され、人々が(一応)その場を離れ、遠巻きに見ている様子がわかります。

この後、爆発物処理隊がやってきて、大事には至らなかった、とのこと。

みなさんも、こういう状況に遭遇したら、素早く退避しましょう。っていうか、遠巻きに眺めていたりしていてはなりません。

エジプト爆弾は、その多くが薬品を化学反応させて爆発させる種のもので、それほど大きな威力はないのですが、たまにダイナマイトなどを使った強力な殺傷力を持つ爆弾もあります。

また週末は、ショッピング・モールで爆弾が発見されるという事件もありました。

カイロのナセルシティにある、セラーグ・モールという場所です。

モール

カイロ随一のモール、シティ・スターズから1kmほど離れたところにあるローカルなモールで、通常外国人が訪れるとは考えにくい場所ですが、問題はそこではなく、ショッピングモールの入り口に爆弾が仕掛けられた、ということの方です。

発見された爆弾のもとに、爆発物処理班がやってきます。
5_20150301181734b2b.jpg

先日、ムスリム同胞団員がせっせと作っていた種類の、あの爆弾です。

分厚い防護服をきて、動きにくい爆発物処理班の人を助ける人々。
4_20150301181731cf4.jpg

処理する人だけが防護服を着ていて、周りで助けている(?)人々は丸腰って、いったい。。。汗

「こんなのが発見されたよ〜」
6.jpg

解体処理したとしても、こんな近くでみんなで見てて、大丈夫なのか???

「ほら」
13.jpg

うーん、やっぱりなんか危ない。。。

「無事でよかったね〜」
16.jpg

何度も書いているように、爆弾は、一箇所で発見されると近くに複数個しかけられている場合も多く、また処理している途中に爆弾が爆発して、人が吹き飛ばされて死ぬ、という事例も少なくありません。

ですから、上の映像や写真にあるようなエジプト人たちのように、不用意に爆弾に近づいては絶対にいけません。こんな場面でどうでもいい好奇心を発揮して死んでしまっては、元も子もありませんから。

以下にはいつものように、25日から今朝までの、エジプトで発生したテロ関連事件を列挙しておきます。

・ 25日、シナイ半島で40人のテロリストを殺害、7件の爆破事件を事前に処理
・ 25日、カイロのマタリーヤで仕掛け爆弾2発を発見、解体処理
・ 26日、ギザ(大カイロ)のモハンディシーンのアラブ連盟通りにあるボーダフォンの携帯電話ショップで爆弾が爆発、負傷者なし
・ 26日、ギザ(大カイロ)のモハンディシーンのスーダン通りにあるボーダフォンの携帯電話ショップで爆弾が爆発、1人負傷
・ 26日、ギザ(大カイロ)のモハンディシーンのオラービー通りにあるイッティサラートの携帯電話ショップで爆弾が爆発、3人負傷
・ 26日、ギザ(大カイロ)のインバーバのワフダ通りにあるレストランで爆弾が爆発、1人死亡、2人負傷
・ 26日、ギザ(大カイロ)のワッラークの警察署前で四発目の爆弾が爆発、6人負傷、うち4人は警官
・ 26日、ギザ(大カイロ)のアウスィーンの警察署前で爆弾が爆発、負傷者なし
・ 26日、カイロのカスル・ウッバで4つの偽爆弾を発見
・ 26日、カイロのマアーディーのファトフ・モスク付近で、同胞団員と治安部隊が衝突
・ 26日、シナイ半島のラファハで爆弾を仕掛けていた男を拘束
・ 26日、カイロのアブードにあるマイクロバス発着所で爆弾のようなものが発見
・ 26日、シナイ半島北部の作戦で、アンサール・バイトゥルマクディスのメンバー12人を殺害
・ 26日、カイロのナセルシティで2発の偽爆弾を発見
・ 27日、カイロの人民議会地区で仕掛け爆弾が爆発
・ 27日、ファイユームの警察署と治安部隊本部で仕掛け爆弾2発が連続で爆発、その後、覆面をした男たちが銃で襲撃、警官一人が死亡
・ 27日、アスユートのチェックポイントを何者かが銃で襲撃
・ 27日、ディムヤート(ダミエッタ)の警察署前で爆弾が爆発
・ 27日、カリユービーヤの変電所で3発の爆弾が連続で爆発
・ 27日、シナイ半島のシェイフズウェイドでテロリストが住民の家を爆破
・ 27日、カイロのマタリーヤで同胞団員が住民と衝突、女性一人が負傷
・ 27日、カイロのファイサル地区で同胞団員と地元住民が衝突、同胞団員の発射した実弾で住民一人が死亡
・ 27日、カイロのナセルシティのセラーグ・モールで爆弾が発見、解体処理
・ 27日、ミニヤーのモスクの外で音だけの爆弾が爆発
・ 27日、シナイ半島のシェイフズウェイドで、テロリスト13人を殺害、12人を拘束
・ 27日、シナイ半島のシェイフズウェイドで、テロリストたちが武器に乗って大バレードを実施
・ 27日、シナイ半島のラファハに迫撃砲が打ち込まれ、女性一人と子供一人が死亡
・ 27日、ギザのアラブ連盟通りで音だけの爆弾が爆発
・ 28日、カイロのアインシャムスにある携帯電話ショップに何者かが放火、炎上
・ 28日、ベニスウィーフで治安部隊隊長の乗った車をテロリストが襲撃、テロリスト一人が死亡
・ 28日、シナイ半島のラファハでテロリストと治安部隊が衝突、警官一人が負傷
・ 28日、ミニヤーの病院に仕掛けられていた爆弾を発見、解体処理
・ 28日、シナイ半島のシェイフズウェイドでテロリストと治安部隊が衝突、15人拘束
・ 28日、シナイ半島のテロ掃討作戦でテロリスト28人が死亡
・ 28日、シナイのラファハのチェックポイントをテロリストが襲撃、軍人一人が負傷
・ 1日、シャルキーヤの変電所を何者かが爆破
・ 1日、シャルキーヤで3発の爆弾が連続で爆発
・ 1日、ベニスウィーフの鉄道線路上で音だけの爆弾が爆発
・ 1日、ギザのハラム通りにある警察署に何者かが火炎瓶を投げつけ、炎上

さすがに、週末を挟むと、テロ発生件数がハンパなく増えますね。。。

一方、革命的懲罰運動は以下のような攻撃を行ったという犯行声明を出しています。

2月27日、ファイユームの複数の警察署やチェックポイントを襲撃
2月28日、ミニヤーのチェックポイントを襲撃
2月28日、ファイユームのチェックポイントを襲撃、警官を負傷させる

B-27ZrTUAAATv9X.jpg

また、26日のギザの連続爆弾テロのついても、革命的懲罰運動の仲間の組織「民衆抵抗運動」が犯行声明を出しています。

民衆

奴らが外国の大使館に撤退を要求した期限である2月末日も、すでに経過しました。

予告通りに外国人を標的にしてくるのか、今後も注意が必要です。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/307-53d10831

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。