--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/32-8c7c4c72

11

26

コメント

エジプト女性82%がセクハラ、60%がDV被害

国連では11月25日を「女性に対する暴力撤廃国際日」に定めており、昨日はカイロでもその趣旨に賛同する会合などが開催されていました。

そこで女性のための国民議会議長が明らかにしたのは、エジプト人女性の60%が、暴言、殴打、教育を受けることの禁止といった様々なかたちの家庭内暴力をうけており、88%が割礼手術を受けており、38%が早婚を強制されている、という調査結果です。

女性に対する割礼の割合は、法的罰則が定められてから一度減少したのですが、今回また増加したそうです。

この調査は、エジプト国中のおよそ1万3千500人の未婚および既婚女性に対して行われたものだそうで、こうした暴力の背景にある原因の第一は、女性の能力を低く見て女性の権利を規制することを当たり前だと考える習慣や伝統であり、第二は男性(父親や夫)の悪い気質(?!)にある、とのことです。

またこの調査によると、82%のエジプト女性が街中や公共交通機関内で言葉による、あるいは肉体的なセクハラの被害にあったことがあり、95%が社会的暴力にあったことがあるとのこと。そして91%の女性が、女性がどのような服装をしているかはこうした暴力とは関係がない、と回答しています。

大まかな実情を把握しているつもりでいても、こうして改めて数値を突きつけられると、大変な憤りを感じます。

エジプト国民は9割くらいがイスラム教徒で、イスラム教徒の女性のほとんどはヒジャーブかニカーブをかぶっているのですが、それでもこの数値です。ヒジャーブやニカーブは、女性の尊厳を守る為のものだとされているはずなのに、全然その機能果たしてないじゃん・・・。

はぁ・・・本当に、つくづく残念な状況です・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/32-8c7c4c72

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。