--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/330-a8114203

05

05

コメント

ジハードは誰のもの?

エジプトのイスラムの「公式な」権威は近頃、発言を活発化させています

先日はエジプトの大ムフティーであるシャウキー・アッラーマが民放テレビに初出演し、先だってのヨーロッパ歴訪や正しいジハードとは何かについて、長々と話しました。



まあ。。。誰もこんなの興味はないと思うのですが、私にとっては非常に興味深い内容です。

アッラーマ師曰く、正しいジハードとは、

「お国(エジプト)が宗教(イスラム教)と国民(エジプト人)を守るために発動する防衛ジハード」

のみであり、そのジハードに参加して死んだ者は殉教者になる、とのこと。

一方、過激派が「伝統的書物(イスラム法の古典書)」に依拠してジハードを勝手に発動することは、「伝統に対する冒涜」であり、「宗教(イスラム教)の濫用」である、とのこと。

なぜそうなのかというと、「過去のイスラム法的判断を現代に無条件的に適用することは認められない、というのがアズハルとファトワー発行局の考え方だから」、だそうです。

そうなんですよねー、問題はここにあるわけです。

『コーラン』の章句やハディース、古典イスラム法の規範をそのままダイレクトに適用するイスラム国のような過激派の解釈に対抗するには、「あらゆる規範は場所と時代に応じて変更される」という方法論を持ち出すしかないわけで、どうも弱い。

私はこの方法論が歴史的にどのように構築されて、実用化されてきたかを研究していた(いる)ので、アズハルの言いたいことはよくわかるのですが、弱点もまたよくわかってしまうわけです。

先日、エジプトの公式宗教権威はイスラムに宗教改革をもたらそうとしている、と書きましたが、方向性はこっちに向かうしかないわけで、そのへんが私が「宗教改革無理」と思ってしまう理由のひとつでもあります。

それはそうと、アッラーマ師の言っていることはいつもと同じで、別に全く新しくはないのですが、要するにいつもはNHKの深夜誰も見ない時間の番組にしか出演しないえらーいお坊さんが、民放のゴールデンタイムの番組に出演した、みたいなインパクトはあるわけで、ちょっとがんばってるなーという印象は受けます。

ファトワー庁は例えば、イスラム国が「考古学はハラーム(イスラム的に禁止)」だというファトワーを出したのに対し、「考古学がハラームであるわけがない」という反駁ファトワーを発行するなど、過激派のイスラム解釈は間違っている、とかなり頑張って発言しています。

ですが。。。問題はその影響力がイマイチ弱いってことなんですよね。。。

アズハルやファトワー庁はエジプト政府の犬だ、と思っている国民は多いですし、アズハルの主張する包括的イスラム解釈は『コーラン』の明示に比べるとやっぱり普通の人にはわかりにくい。。。

アッラーマ師ももちろんそれを認識しているわけで、だからこそ「そもそもアズハル式イスラムが正しいイスラムなんだってことを知らしめるための教育が必要なんだ、テレビもそういう番組をやるべきだ」とか言っているわけでして。

イスラム解釈問題は、ややこしくて根深い問題なのです。。。

ではここ数日のテロ事件、いきます。

・ 30日、イスラム国シナイ県(アンサール・バイトゥルマクディス)メンバー5人が出頭
・ 30日、シェイフズウェイドで爆発、軍人1人負傷
・ 30日、カイロの地下鉄のガムラ駅で仕掛け爆弾2発発見

5月

・ 1日、ギザのシッタオクトーブル地区で新聞社アハラームの従業員バスを同胞団員が火炎瓶や石で攻撃、4人負傷
・ 1日、シャルキーヤのザカーズィークの携帯電話ショップで爆弾爆発
・ 1日、シャルキーヤのザカーズィーク大学スタジアムで爆弾爆発
・ 1日、シャルキーヤで強力な爆弾発見、処理
・ 1日、カイロのマタリーヤで同胞団員が暴力を伴うデモ
・ 1日、ギザで同胞団員がデモ、道路封鎖、45人逮捕
・ 1日、カイロのアインシャムスで同胞団員が暴力を伴うデモ
・ 1日、アリーシュ第三警察署をテロリストが銃撃
・ 1日、アリーシュのカラム・カワーリースでテロリストが軍を銃撃、1人負傷
・ 1日、シャルキーヤのアブーカビールで同胞団員と住民が衝突、3人負傷
・ 1日、カイロのアインシャムス駅で爆弾発見、処理
・ 1日、イスラム国シナイ県(アンサール・バイトゥルマクディス)が市民の首を家族の前で切断
・ 2日、シャルキーヤの電気塔が爆破
・ 2日、ディムヤート(ダミエッタ)の電気施設で爆弾爆発、もう一発を処理
・ 2日、ファイユームで爆弾爆発、もう一発を処理
・ 2日、アドリー元内相の別荘が放火され、革命的懲罰運動が犯行声明を出す
・ 2日、クフルショクルの電気塔に放火しようとしていた男を逮捕
・ 3日、ブハイラの警察署前で爆発
・ 3日、ブハイラの電気施設が爆破
・ 3日、カイロとアスユート間の道路の電気塔が爆破
・ 3日、スハーグの鉄道駅で爆弾発見、処理
・ 3日、ギザのシッタオクトーバー地区で同胞団と警官隊が衝突、複数の警官が負傷
・ 3日、サライ・エルウッバ広場で爆弾発見、処理
・ 3日、アリーシュで仕掛け爆弾が爆発、1人死亡、3人負傷
・ 3日、カイロのマンシヤトゥッナーセルで爆弾が爆発、6人負傷
・ 4日、ファイユームで携帯電話の電波塔が爆破される
・ 4日、ウムラーニーヤの警官が銃撃される
・ 4日、ダクハリーヤで電気施設に放火した中学生を逮捕、ラービアで兄が殺された復讐としている
・ 4日、シェイフズウェイドの学校2校をテロリストが爆破
・ 4日、ラファハの軍基地をテロリストが迫撃砲で攻撃
・5日、カイロのナセルシティで爆弾をつくっていた同胞団員3人が誤爆により負傷

前回のブログ記事では、「あれ?テロ減ったか?」なんて書いたのですが、全然減ってませんね。。。汗。

同胞団員は中学生もがテロに走っているとか、今後を考えると恐ろしいですし、シェイフズウェイドではイスラム国シナイ県が学校を爆破するというタリバンやボコハラム的行動に出ているのも恐ろしいです。。。

イスラム国シナイ県は、シナイの住民を恐怖で支配しようとみんなの前で首を切ったりもしています。。。

こんな写真を公開して、「オレたちはエジプト軍を頑張って攻撃している!」とアピールしたりもしています。。。

ラファハ

怖いですね。。。

みなさん、お忘れかもしれませんが、エジプトにもちゃんとありますからね、イスラム国。

イラクとシリアだけじゃないんですよ。。。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/330-a8114203

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。