--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、今度エジプトに旅行に行くため治安の情報を探していたところここにたどり着きました。
質問なのですが、カイロやギザといった観光都市を普通に観光する場合でも、他の外国と比べて特別気を付けることはありますか?
また、陸路でイスラエルに抜けようと思っていたのですが、シナイはシリア等のイスラム国と同じような状態と考えた方がよろしいでしょうか?
よろしければ分かる範囲で構いませんので教えていただけますと幸いです。

08

07

15:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

08

10

22:14

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/343-81fb60f9

07

25

コメント

カイロでクロアチア人誘拐

クロアチア外務省は昨日(7月24日)、7月22日朝フランス企業で働くクロアチア人が出社する途中、カイロ郊外で武装勢力によって誘拐されたと明らかにしました。

このクロアチア人はトーマス・ラスという31歳の石油エンジニアで、CGGというフランスの会社で働いていたそうです。

ギザのシッタオクトーブル(10月6日)地区を車で走行中、4人の武装した覆面男たちが車を停止させ、運転手に車から降りるよう要求、その後クロアチア人だけを連れ去ったとのこと。

武装した男達の乗っていたのは、白い軽トラックだったということです。

外国人を武装集団が誘拐するのは、エジプトでは久々なような気がします。

エジプトでは来月8月6日にスエズ運河プロジェクトの着工式が予定されており、エジプト政府を敵視する同胞団系武装組織やイスラム国などが、それを妨害するためにあれこれ手を打ってくる・・・つまり、テロ攻撃をしてくるだろうことは想像に難くありません。

このクロアチア人は現金で5000ドルほど持っていたようで、もし単なる強盗目的だったならばそのお金だけをとって逃走すればいいものを、クロアチア人を誘拐していったということは金目的の単なる強盗ではないんだな、ということがわかります。

「こいつの命を助けたかったら、スエズ運河プロジェクトを中止せよ」的な脅迫をしてこなければいいのですが・・・。

なんでもありのエジプトなので、そういった事態も起こり得ます。

しかしねえ・・・誘拐現場はシッタオクトーブルの端っこの方の砂漠地帯だったみたいですが、シッタオクトーブルって大学も企業もいっぱいある新興地区で、ちょっとした高級住宅地でもあるわけですよ。

そこを車で走っていたら、軽トラにいきなり車を止められて、銃で脅されて誘拐されるってねえ・・・。

怖いですね、ほんと。

このブログをお読みいただいている方はご承知のように、エジプトはもうテロの発生頻度がものすごく高いわけですよ。

あっちこっちに爆弾はあるし、あっちこっちで銃撃戦は発生するし、今回のケースのように誘拐もあるし。

4年間エジプトに住んでいて、まあ治安が安定しているなーという時もあるのですが、悪くなる時はぐーんと悪くなる、という波のようなものがありまして、2015年に入ってからは急速にぐーんと悪化して現在に至っています。

だから私はそれ以来、「どこにも行かない大作戦」(?)を展開中で、とにかく必要最小限しか移動しないことにしています。

行くのは自宅から道を隔てて反対側にある巨大なスポーツクラブと、週に一度の買い物(ザマレク内)のみ。基本はこれだけです。

私自身は今まで好き放題に生きてきたので、別に死んでもしょうがないかで済ませられますが、うちには小さい娘がいるので、娘を事件に巻き込ませるわけには絶対にいかないからです。

ちなみに在エジプト日本大使館は、この誘拐事件をうけてこんな注意喚起を出しています。

〜以下本文〜

エジプト在留邦人の皆様へ

                      平成27年7月25日
                      在エジプト日本国大使館領事部

外国人の誘拐に関する注意喚起(平成27年7月25日付)

1 クロアチア外務省及び当地報道によれば、7月22日(水)朝、カイロ郊外において、31歳のクロアチア人男性がフランスの会社に自動車で出勤していたところを、武装した何者かに停車させられ、連れ去られたとのことです(以下のURL参照)。
クロアチア外務省発表:http://www.mvep.hr/en/info-servis/press-releases/,24430.html
アハラムオンライン報道:http://english.ahram.org.eg/NewsContent/1/64/136096/Egypt/Politics-/Croatian-citizen-kidnapped-in-Egypt-by-armed-men.aspx

2 つきましては、現時点で事件の全容は不明ですが、皆様におかれましては、カイロ郊外の車両移動を含め、特に深夜及び早朝の外出はできる限り控え、日中であっても、単独行動や通行車両の少ない道路の走行を避ける等、不測の事態に巻き込まれないよう最大限の注意を払ってください。万一、被害に遭った場合は、無理な抵抗はせず、身の安全を最優先していただくようお願いいたします。また、外務省が以下のURLで公表している、脅迫・誘拐対策に関する資料もご参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_04.html

〜引用終わり〜

車両移動を控えるってありますが、エジプトでは自家用車での移動以外に移動はほぼ無理ですからね。

(地下鉄も乗り合いバスもタクシーもあるにはありますが、爆弾、放火、誘拐のリスクが高すぎて外国人には利用不可能です。)

私が目下展開中の「どこにも行かない大作戦」は、大使館的にはお手本的なよい暮らし方かもしれませんね〜。

でも言っておきますが、私は今日大使館にこう言われるはるか昔からこの作戦を展開しているんですよー。

何か発生した後であたふた対策をとっても遅いってこともあるんですよー。

大使館はあくまで「お役所」であって、あなたの身の安全を心から心配している家族でも友人でもないんですよー。

「君子危うきに近寄らず」ですよー。

しかしカイロの治安、面白いくらいにワンステップずつ、着実に悪化していってるな・・・。
スポンサーサイト

はじめまして、今度エジプトに旅行に行くため治安の情報を探していたところここにたどり着きました。
質問なのですが、カイロやギザといった観光都市を普通に観光する場合でも、他の外国と比べて特別気を付けることはありますか?
また、陸路でイスラエルに抜けようと思っていたのですが、シナイはシリア等のイスラム国と同じような状態と考えた方がよろしいでしょうか?
よろしければ分かる範囲で構いませんので教えていただけますと幸いです。

08

07

15:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

08

10

22:14

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/343-81fb60f9

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
306位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。