--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/43-5df06524

12

06

コメント

エジプトの「局所的内戦」

昨日から今朝にかけてのエジプト大統領宮殿前は、まさに「内戦」の様相を呈していました。

「局所的内戦」です。

ムスリム同胞団(大統領支持派)と反対派の市民同士の衝突で、7人が死亡、負傷者は保健省の発表では350人、メディアによっては600人以上と伝えています。

今朝のエジプト各紙の一面を一部ご紹介します。

DSC04318.jpg

DSC04321.jpg

DSC04319.jpg

DSC04320.jpg

よく見ると、4紙のうち3紙の一面に登場している負傷した男性は、同一人物です。そして4紙とも、負傷しているのが反体制派で、のこぎり(?)や棒などの武器を振り回しているのがイスラム主義者の体制派であることを、写真で示そうとしています。

この4紙は政府系ではない新聞(いわゆる独立系新聞)であり、反体制、反ムルスィー、反イスラム主義の立場をとる新聞でもあります。なので今日の一面がこういう感じなのは当然と言えば当然なのですが、写真のモチーフがここまで類似しており、かつモデルまで一緒というのは、かなり・・・です。

エジプトではこれまでも頻繁にこうした「衝突」が発生し、死者が出るケースも稀ではありません。しかし今回の衝突がこれまでのものと異なるのは、衝突が民間人同士のものだ、という点です。以前、ムバラクの裁判をしていた警察アカデミー前で、ムバラク支持派と反ムバラク派が石を投げ合って戦っていましたが、あんな感じでした。

今回も警察や軍が出動しましたが、大統領宮殿の警備と、両陣営を分け隔てるための出動であり、「参戦」はしていませんでした。これまでは、デモ隊に対して軍や警察が催涙弾やゴム弾を使い、それでデモ参加者が負傷するというケースが多かったのですが、今回は違います。

今回は同胞団vs反同胞団の民間人同士の戦いで、さきに「局地的内戦」のようだと書きましたが、自由参加型の大規模ケンカのようなものでもありました。でも火炎瓶やゴム弾、催涙ガスが使用され、石が飛び合い、ナイフやら棒やらいろんなものがふりかざされていました。

別に上の4紙の写真が強調しているように、同胞団員が一方的に反体制派に対して攻撃をしかけたわけではなく、攻撃は双方によるものだったはずです。反体制派は自分たちの抗議活動が平和的なものだといつも強調しますが、そんなことありません。イスマーイリーヤとスエズでは、同胞団の建物に放火もされています。

というか、なんで民間人が催涙ガスとか持っているのか、どこから持って来たのか、そのへんも気になります。

もともと、エジプト人はけんかっ早い人々です。道でもよくおじさん同士とかおばさん同士とかで殴り合いのけんかをしていますし、飛行機の中でも殴り合いをしているのに遭遇したことがあります。

またこうした衝突には、支持派でも反対派でもないいわゆるバルタゲーヤが紛れ込んで暴れ回っている、ともいつも言われています。

あー、また衝突かー、というのが正直な感想なのですが、それでもこの衝突は関わりたくない人は避けることの出来る災禍ですし、一時的で局所的なものですし、そう考えると、シリアやイエメンやリビアといった近隣諸国よりはずっとましです。

政治的には確かに危機なのですが、治安上問題があるのはごく一部の場所のみであり、その他ではいたって普通の日常生活が営まれている、というのは、エジプト在住の身としては、本当にありがたいことだと思っています。

先ほど共和国防衛隊が、今日の15時までに宮殿前から撤退するよう、デモ隊に命じたため、デモ隊はいなくなりつつあります。

政権が変わっても、最終的には軍が強権を発動して秩序を取り戻させる、という基本構造が変わっていないのが、皮肉なところです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/43-5df06524

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。