--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ応援ブログ!

こんにちは、先日このブログにたどり着き、とても興味深く拝見させていただいています!
これからも遊びにきます!

03

28

08:04

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/55-75487e62

01

15

コメント

子連れでバルセロナ:グルメ編(1)

年明けから一週間ほど、スペインのバルセロナに行ってきました。

2歳半のやんちゃ娘を連れての旅行で、毎回一番の懸案は食事です。あまり上等な店で、店や他のお客さんたちに迷惑をかけるわけにはいかない・・・でも、おいしいものが食べたい!というわけで、事前にいろいろリサーチして行ってみた結果、私的に評価の高かったお店を、ランキング形式でご紹介します。

★ 第六位 Taller de Tapas ★

バルセロナ市内にいくつも店舗のあるチェーンのタバス屋さんです。私たちが行ったのはランブラス通りにあるお店ですが、どこのお店も雰囲気は似た感じでした。このお店のよいところは、以下↓

(1) いつでもオープンしている

バルセロナのバルやレストランの中には、ランチの時間帯にオープンして、その後長いシエスタ(中休み)をとり、ディナーは21:00から、なんていうお店が多いので、そうしたところは子連れにはとてもとても無理・・・な中、ここのようにいつでも開いていて利用できる、という店は非常にありがたいのです。

(2) カジュアルな雰囲気で、かつ着席形式

店内は小洒落たファミレスのような感じで、多少子どもがはしゃいでも気後れする必要がありません。子ども用のハイチェアもあり、お店の人も優しかったです。全体的にキッズフレンドリーな店だと言えます。

(3) チェーン店だけどそこそこおいしい

ものすごくおいしい訳ではありませんが、決して悪くはない味です。ひとつひとつの料理がきちんと作られていて、発注を受けてから料理をしているのがよくわかりました。私たちが注文したお料理は、こんな感じです。

▼ いわしのから揚げ

DSC_0903.jpg

きちんとカラッと揚がっています。塩気はないので、塩をかけて食べました。

▼ 手長エビのボイル

DSC_0906.jpg

妙な臭さは一切なく、甘みがあっておいしかったです。

▼ いろいろなキノコのソテー

DSC_0904.jpg

キノコ大好きな娘の為にチョイス。私たちの住んでいるエジプトには、キノコと言えばマッシュルームしか存在していないので、このキノコづくしはたまらなくおいしく感じました。水っぽさもなく、しゃきっと仕上がっています。

▼ アンチョビ

DSC_0905.jpg

私の大好物です。バルセロナ滞在中、どの店でも必ず頼んで食べていました。私はお酒と、このアンチョビと、トマトつきパンがあればそれだけでそこそこ満足できます。ここのアンチョビはそこそこ小ぶりで、塩気もひかえめ、おいしかったです。

★ 第五位 Granja la Pallaresa ★

P1030155.jpg

ゴシック地区にあるチョコレート屋さんです。どうしてもおいしいチュロスとチョコレートの組み合わせが食べたくて、ホテルの人に店を教えてもらい、さまよいながらたどりついた店。このお店の長所は、以下↓

(1) 老舗だけど敷居は高くない

1947年創業の老舗チョコレート屋さんで、近所の人も「ここはおいしい!」と絶賛していました。年配のご夫婦が経営しているようでしたが、陽気なご主人で、店内もスペイン人のお客さんでにぎわっていました。子どもが入っても、違和感のない雰囲気です。

(2) おいしい

こういうかたちでチュロスとチョコレートを食べたのは生まれて初めてでしたが、本当に忘れがたいおいしさでした。チョコレートの味はかなりビターで、子どもには向きませんが、子どもが好んで食べるようなものもあります。私たちが注文したものは、以下↓

▼ チュロスとチョコレート

DSC_0948.jpg

チュロスを注文すると、こんな風に小さめチュロスが5個、お皿にのってやってきます。カリッカリで、これだけで食べてもとってもおいしい!これに、奥にある真っ黒(笑)なチョコレートをつけて食べます。上記の通り、このチョコはかなりビターかつ濃厚で、鼻血がでそうな味ですが、チョコ好きをとりこにする味です。ドロっとして、「飲むもの」ではなく、完全に「つけて食べるもの」です。

▼ クレマ・カタラーナとクリームのせチョコレート

DSC_0959.jpg

手前にあるのがクレマ・カタラーナ、クレームブリュレによく似たお菓子です。ちょっとオレンジの風味がして、とってもおいしいですが、子どもには上にのったカラメル部分が苦く感じられるようで、中身だけをすくって食べていました。お店に来ているスペイン人がみんな頼んでいたのが左にあるクリームのせチョコレートで、こちらは真ん中のチョコレートに甘くないホイップクリームが乗っかっているものです。クリームとチョコを混ぜながら食べると、なんとも言えない贅沢な味わいが楽しめます。右側にある砂糖のついたパンのようなものは、名前はわかりませんが、娘が好んで食べていました。

★ 第四位 Costa Gallega ★

バルセロナの中心を走るグラシア通りにあるバル。バルセロナ各地に店を出しているMoncho's系列のお店で、パエリヤを含めたスペイン料理が気軽に楽しめます。ここのよいところは、以下↓

(1) 立地が便利

私たちはグラシア通りにあるCasa Fusterというホテルに泊まっていたこともあり、この店の立地は最高に便利でした。買い物がてら立ち寄ることもでき、ホテルに歩いて帰ることもできます。あまりの便利さに、この店では2度夕食をとりました。

(2) いつでもオープンしている

ランチタイムから終日オープンしているので、いつでも食事をとることができます。これも子連れには便利。

(3) 店がものすごく広い

一階も広く、更に地下にも広いダイニングがあり、とにかくものすごく広いので、予約なしでいつ行っても待たされることがありません。しかも常にお客さんが多くいてにぎわっているので、子どもがいても全然悪目立ちしません。実際に、赤ちゃん連れや子連れのお客さんが多くいました。

(4) 店員がキッズフレンドリー

中東系の店員が多いせいか、みんな子どもにすごく優しかったです。生きているエビを持って来てみせてくれたり、うちの娘がトマトが食べたーい!なんて言ったら、トマトをサービスしてくれたりもしてくれました。

(5) バエリヤがおいしい

カタルーニャ料理のなかでパエリヤの占める位置は決して大きくはないようですが、それでもスペインだからやっぱりパエリヤ食べたいでしょー?!という私たちにとっては、気軽にパエリヤの食べられるこの店はとてもありがたかったです。私たちが注文した料理の一部をご紹介。

▼ 大盛りのサラダとアンチョビ、トマトつきパン

DSC_0667.jpg

旅行中はとかく野菜不足になりがちなので、とりあえずサラダで野菜補給。アンチョビもパンもおいしかったです。

▼ タコのガリシア風

DSC_0669.jpg

タコをオリーブオイルでソテーしてパプリカをふりかけたものですが、ふつうにおいしいです。ギリシアで食べたタコとそっくりの味でした。地中海岸の人たちにとっては、こういうタコの食べ方が一番ふつうなのかもしれません。

▼ シーフードのパエリヤ

DSC_0673.jpg

サフランの色ではなくトマトの色のパエリヤです。エビや貝のだしがしっかりきいており、おこげもあって、満足でした。コスタガレガは二回行ったのですが、一度目にこのパエリヤ、二度目にはイカスミのパエリヤを食べました。両方ともおいしかったのですが、個人的にはイカスミの方が更においしく感じました。

次回は、第三位と第二位をご紹介します。
スポンサーサイト

バルセロナ応援ブログ!

こんにちは、先日このブログにたどり着き、とても興味深く拝見させていただいています!
これからも遊びにきます!

03

28

08:04

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/55-75487e62

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。