--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/57-8d3c16ef

01

28

コメント

エジプト版ブラック・ブロック

本業が多忙すぎて、しばらくブログにログインすることができませんでした。

今日は久しぶりの更新なので、初心に戻ってエジプトネタを。

昨日、ムルスィー大統領はスエズ、イスマーイリーヤ、ポートサイードの3県に一ヶ月間の非常事態令を発令しましたが、一連の騒動のひとつの要因となっているのが、今年になってエジプトに登場したブラック・ブロックبلاك بلوكという集団です。



ブラック・ブロックというのは、黒ずくめの服装をして過激な抗議活動を行うアナーキスト集団のことで、アルワタン紙によると1980年にドイツで現れたのが最初で、その後、アメリカやイギリスなどにも現れました。彼らの一般的特徴をまとめると、次のようになります。

▼ 黒ずくめの服装

・黒いフードつきのパーカーや、黒い服を着て、黒い帽子などをかぶる
・黒ずくめの服装をすることで、抗議活動中にその人がブラック・ブロックのメンバーであることが一目瞭然となるが、日常生活においてはそれほど目立たないことが重要
・サングラスや覆面などで顔を隠し、警官や治安部隊に顔を知られないようにするだけではなく、メンバー同士が知り合いになるのも防ぐ

▼黒い旗

・アナーキズムの象徴として、黒い旗を掲げる
・反体制、反政府、反権力、反資本主義、反グローバライゼーションなどを主義とするようだが、特定の思想は明らかではない(というか、別にない?)

▼武器
・火炎瓶や石などを投げつける
・サミットや核に関する会議、戦争などに反対し、警官や治安部隊に襲いかかったり、放火したりする

これだけ書くと、おぅ、こんなのエジプトに前からいたじゃん?なんて気になるのですが、これまでエジプトにいた黒旗覆面集団はアルカイダ思想のイスラム系集団だったので、これとはちょっと(だいぶ?)異なります。

エジプト各紙によると、エジプトにブラック・ブロックが登場したのは2013年1月4日で、これは彼らがフェイスブックにページを開設した日のようです。その前にも似たような主張をする集団は存在していましたが、別の名前を名乗っていました。

その後1月20日にはアレクサンドリアで初等裁判所に攻撃をしかけて警官隊と衝突したり、24日にはタルアトハルブ広場に集結してカスルアイニーで治安部隊と衝突したり、25日の革命記念日にはシャイフ・リーハーン通りで治安部隊と衝突したりしています。内務省や大統領宮殿に対して攻撃をしたことも認めた上で、これらは全て「革命を脅かす存在」だから攻撃するのだ、としています。

また彼らはこれまでに、イフワーン系列のファストフード・チェーンである「ムウミン」の店舗に放火したり、洋服や電化製品などを販売するこちらもチェーンの「タウヒード・ワ・ヌール」の店舗に放火したりしたことを認めてもいます。

どうやらエジプト版ブラック・ブロックは他の国のそれとは少し(だいぶ?)異なっているようで、彼らは自身について、次のように主張しています。

・我々は政治団体でも革命団体でもなく、単に思想を象徴しているだけである
・我々はバルタゲーヤではない
・我々は殉教した革命戦士たちのために報復(同害報復)することを目的としている
・ムスリム同胞団の犯罪からエジプトと革命を守ることを目的としている
・標的は同胞団であり、国家ではない

昨日のエジプト各紙は、これは「同胞団の軍隊に対抗する為にキリスト教会が作った軍隊だ!」なんて書いていたのですが、彼らのフェイスブッックの書き込みを見ると、普通に礼拝とかしているので、別にメンバーの全員がキリスト教徒というわけではないようです。

彼らはカイロの他にも、スエズやイスマーイリーヤ、シナイ半島などにもいて、それぞれが様々な破壊活動をしつつ、声明文やビデオなども発表しています。

また今日の新聞によると、タハリールで座り込みをしている人に武器を売ろうとしていたブラック・ブロックのメンバーが、昨日逮捕されたそうです。

こんなふうに、エジプトではこの数日で急速に、ブラック・ブロックがメジャーな存在になりつつあります。

アンチ同胞団であることだけは確実な彼らですが、同胞団は彼らのことを「組織化された秘密軍隊だ」と言って警戒感を強めています。それに対してブラック・ブロック側は、「いやいや、組織化された秘密軍隊は、あんたたちの方でしょ」なんて切り返したりしていて、私なんかは「確かに・・・」と思ってしまったり。

彼らに対抗してかどうかはわからないのですが、昨日はハマスが大統領宮殿を防衛する為に7000人の戦闘部員をエジプトに派遣した、というニュースもありました。ガザから国境を越えてエジプトに入り、ラファハの街からいくつかの小さい部隊にわかれてカイロへ向かっているそうです。これが本当だとしたら、ちょっとした戦争状態になりかねません。

同胞団&治安部隊&軍隊&ハマス(?!) V.S. 革命派&ブラックブロックetc...

これに、いつものようにバルタゲーヤが乱入することになるわけですから、想像しただけでも恐ろしいです。

彼らは今後も活動を継続するらしく、今日も、そして2月1日に予定されている大規模デモにも参加するそうなので、動きに注目したいと思います。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/57-8d3c16ef

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。