--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/61-36165c4d

01

29

コメント

女ブラック・ブロックの登場

先日、エジプトにもブラック・ブロックなるアナーキー集団が現れた、という記事を書きましたが、このところ急速にブラック・ブロックの多様化が進んでいるようです。

基本的にはエジプトのブラック・ブロックの目的は、

・打倒ムスリム同胞団政権
・革命の防衛と実現

のふたつで、彼らはこれらのために公共の場に集まってデモをするだけではなく、乱暴狼藉を働くこともいとわない輩のようで、実際に多くの「犯罪行為」を行ってきました。ここ数日で逮捕されたメンバーも多くいますし、今日になって検察も、ブラック・ブラックの検挙を命じています。

実際、私の身の回りにも、「オレはブラック・ブロックの人間が女性に乱暴をしていたのを見た!」とか、「地下鉄の駅をブラック・ブロックが占拠していて怖かった・・・」とか、いろいろな証言をしてくれる人たちがいて、ふつうの人々からすると彼らはかなり「迷惑な人たち」のようです。

一方でブラック・ブロックは、エジプトの主要都市全てにいるようなのですが、彼らの中には暴力を否定し、平和的に抗議活動をしようとする集団もあるようです。

まずはアレクサンドリアで活動しているという、「女ブラック・ブロック」。

名称未設定

黒やグレーのヒジャーブをした上に黒い布で鼻から下を隠し、ここまでするなら、ニカーブでいいんじゃ・・・?なんて突っ込みたくなりますが、彼女達は真剣に「女ブラック・ブロック」しているようです。

「私たちは政治に人生を捧げたのです。結婚のことなんて、考えられません。」(الوطن紙の記事より)

とのこと。でも彼女達は非暴力を旨としており、不正や圧政、独裁に対して平和的な抗議を続けるそうです。いわゆるブラック・ブロックの趣旨とは異なり、彼女らにとってはこの活動は「政治」のようです。

「私はムルスィーが嫌いです。イフワーンも嫌いです。」(الوطن紙の記事より)

うーん、やっぱり同胞団のことは嫌いなようです。記事によると、メンバーにはかなり若い女の子も含まれており、しかも彼女らはかなり「熱い」そうです。

他にも今日になって、「紅海のブラック・ブロック」を名乗る集団が、「俺たちは顔を隠すことをやめ、暴力も使わない」と表明しました。

顔も隠さず、暴力も使わなかったら、それってもうブラック・ブロックじゃないんじゃなかろうか・・・?という感じですが、彼らも彼らなりに本気で「ブラック・ブロック」しているようです。

要するに現状、エジプト版ブラック・ブロックは大きく分けて二種類存在し、

(1)暴力に訴えて目的を実現させようとするタイプ
(2)平和的に目的を実現させようとするタイプ

がいるのだ、と理解してよさそうです。

彼らに毛嫌いされている同胞団は、彼らのことを「バルタゲーヤだ!!」と非難していますが、どうやらバルタゲーヤ・タイプと別のタイプの両方がいるようです。

今までのように「革命青年」を名乗るだけでは飽き足らない若者たちにとって、ブラック・ブロックのコンセプトは魅力的にうつるのかもしれません。またブラック・ブロックを名乗ることで、全国的にゆるやかな連帯をもてることも、彼らにとってのメリットでしょうか。

単なる一時的な流行や、ファッション的なものである気がするのですが、こんなものが流行っているということ自体がエジプトの閉塞感のようなものを象徴しているようで、私としては興味のひかれる現象です。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/61-36165c4d

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。