--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/72-c38ccfa5

03

04

コメント

子連れでイスタンブール:タクシム広場周辺編

意外とダメなイスタンブールに続けて、子連れイスタンブールの小旅行をご紹介します。

何しろ私と2歳児二人きりなので、動きは極限まで制限されますが、それでもまあ、そこそこに楽しむことができるのがイスタンブール。

何はともあれ、タクシム広場へ。

DSC04868.jpg

ホテルはここのすぐそばにとりました。

タクシム広場には鳩がいっぱいいて、鳩のエサ売りおばさんやらおじさんやらがぞろぞろいます。生き物大好きな娘は、迷うことなくおばさんからエサを受け取り、当たり前のように購入@1トルコリラ(53円)。

DSC04900.jpg

私はイスタンブール滞在中、毎日ここでエサを購入していました・・・。この写真は、エサ売りおばさんが「撮ってあげるよ〜」と撮ってくれたもの。あっ、ありがとうございます・・・。

タクシム広場周辺は、現在再開発真っ最中。地下を車が通れるようにするらしく、大規模工事をしています。壁の中をのぞいてみると、こんな感じ。

DSC04867.jpg

掘ってる、掘ってる。

タクシム広場といえば、シャワルマ・・・ではなく、ドネルケバブ。やたらに店がずらーっと並んでいるのですが、一番混んでいる店が一番安いようで、それでも5トルコリラ(270円)。タクシムから離れると、もっと値段は安かったです。

エジプトのシャワルマは、どこで食べてもなんかマズいのですが、トルコで食べるシャワルマ・・・ではなく、ドネルケバブは、どこで食べてもエジプトよりはおいしかったです。

タクシム広場からのびる、イスティクラール通りを散歩します。

DSC05019.jpg

路面電車が通っている以外は、歩行者天国なので、子連れでも歩きやすいです。道は、わりにがたがたしてはいますが、カイロよりはずっとましです(比較対象がカイロですみません・・・)。

休日になると、結構デモをしています。

DSC05023.jpg

冬の風物なのか、焼き栗屋さんがやたらにあります。

DSC05028.jpg

私の大の苦手な、ターキッシュデライト。いろんな種類がむっちゃいっぱい売っています。

DSC04860.jpg

おおっ!ものすごい太さのコナーファが・・・(トルコでは何と言う名前なのか知りません)

DSC04981.jpg

ちょっと横道に入ると、魚屋さんがいっぱいあったりもします。
これはアンコウ?

DSC05022.jpg

まあ、イスティクラール通りは、子連れでぷらぷらしてるだけでも、そこそこ楽しめます。ショッピングエリアでもあるのですが、KOTONなどのトルコブランドにせよ、TOP SHOPなどの欧米系ファストファッションにせよ、イスティクラール通りにある店の品揃えはかなりいまいちでした。お買い物だったら、ショッピングモールの方をおすすめします。

イスティクラール通りをどんどん進むと、たぶんイスティクラール通りは終わって、なんか小さい道に入ります。ずっと行くとガラタ橋に出ると聞いたので、地図も持たず、ベビーカーをおして、どんどん進んで行きました。

DSC04987.jpg

すると・・・ものすごい下り坂!!でも途中まで来たからには引き返すこともできず・・・っていうか、ベビーカー押して上り坂とか全然無理だし(汗)ということで、とにかく転倒しないように気をつけながら、どんどん下ります。

本当に、かなりかなり、下ります。ベビーカーでは、ここを下るのはおすすめできません・・・。とても雰囲気のある古くてよい道なのですが、私は全然楽しめず。っていうか、どこまで下りたらガラタ橋に出るんだ?!と、怒りにも似た気持ちを抱きながら、とにかくぐんぐん下りました。

ついに出た・・・。

DSC04990.jpg

嬉しいっていうか、はぁ・・・という感じ。しかも、ここからタクシーにのってタクシムに帰ろうと思ったら、タクシーが軒並み乗車拒否!!何だこの街?!

しょうがないので、道路標識に従ってタクシム広場方向へとどんどん歩きます。

ガラタの隣の橋まで来てしまいました・・・。

DSC04995.jpg

ここからひたすら、ひたすらにのぼって行きます。

ベビーカーを押しながらのこの上りは、かなりきつく、疲労困憊しました・・・。

っていうか私、何してんだ?!

まあとにかく、この散歩コースは子連れにはおすすめできません・・・。

気を取り直して・・・

食事に関しては、イスタンブールは、とにかく昼間からどこでも酒がふつーに飲めることにびっくり。

DSC04954.jpg

2歳の娘は、とにかくしょっちゅうお腹がすくので、その度にイタリアンの店に入って彼女はパスタやマカロニを食べ、私はビールを飲み・・・という感じ。でも、ビールと水とパスタとちょっとおつまみとか頼むと、すぐに60リラ(3000円強)くらいするので、物価高!!!!と感じてしまいました(エジプト在住だからだと思います・・・)。

エジプト在住者の悲しい性として、ついつい和食屋にも行ってしまいます。

こちら、タクシム広場そばの優曇也という店。

DSC04999.jpg

在トルコ日本人だけではなく、外人(?)が結構多いのに驚かされました。

こちら、メニューの一部。

DSC05000.jpg

結構高っ!!
刺身定食76リラって、4000円くらいだし・・・。

それでも刺身定食を頼んでみたところ、こんな感じ。

DSC04957.jpg

別に、一品一品がおいしいわけでは全然なく、刺身もそれぞれはイマイチなのですが、エジ在住者はこういう「日本の田舎の観光地の食堂で出てきそうな定食」がどーんと出てくる!という事実に、喜んでしまうのです・・・。

次回、子連れでイスタンブール:ショッピング編
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/72-c38ccfa5

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。