--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/75-d25ae24d

03

10

コメント

ギザ動物園

2歳の娘がずっと「Zooに行きたい!!」と言い続けていたため、ようやくできた休日を使ってギザ動物園に行ってきました。

娘を連れて行くのは二度目ですが、一度目のことは全く覚えていないようです(当たり前)。

ギザ動物園はフォーシーズンズ・ホテルの裏手にあり、自宅からもむちゃくちゃ近いのですが、そうそう訪れることはありません。フォーシーズンズに泊まると、大概の部屋からはこの動物園が見下ろせますし、まあ道からも中が見えるのですが、ここの特徴は次の通りです。

1)動物の種類が非常に少ない
2)ふつうのエジプト人ファミリー&カップルがたくさんいる

1)に関しては、動物が死んだりしていなくなった檻は基本的に放置したままであるため、まず何もいない檻が散見されます。そして補充する場合にはラクダ、ガゼル、ダチョウの類を補充するので、やけにあちこちにラクダやガゼルがいます。

2)に関しては、エジプト人は入場料が格安であるため、休日ともなるとエジプト人ファミリーが大挙して押し寄せ、みんな思い思いの場所にシートを広げてピクニックを楽しみます。

DSC_0018.jpg

私たちもお弁当を作って持って行き、エジプト人達にまぎれてランチしてきました(笑)。

みんなで写真をとって、わいわいと楽しそうにしています。

DSC_0072_20130310175516.jpg

デートをしているカップルや夫婦も多いです。

DSC_0015.jpg

大人(私)はついつい、自分の知っているその他多くの動物園と比較してしまい、「しょぼい・・・」と思ってしまいがちですが、子ども(うちの娘)にとっては十分に(最高に?)楽しい場所なようです。

特に、いろいろな動物にエサを与えられるのが楽しいようです。

ゾウとか・・・

DSC_0028.jpg

ラクダとか・・・

DSC_0069.jpg

ペリカンとか・・・

DSC_0105_20130310180426.jpg

大概の動物の檻の前には、エサやり担当のおじさんがいて、葉っぱやら魚やらを持っているのですが、ちょっとチップをあげるとエサやりをやらせてくれるのです。

ペリカンとかアシカが食べていたのは、小さいブルティー(ティラピア)でした。

DSC_0111.jpg

よくゴミを食べている白鷺(?)が大量に巣を作り、集合住宅のような風情です。

DSC_0124.jpg

ギザ動物園に行くには、今くらいの時期が丁度よいかもしれません。前回はもっと暑い時期にいったので、ヘトヘトになった記憶があります。

動物園の後は、フォーシーズンズでお茶。

DSC_0126_20130310180428.jpg

ケーキとか食べて、つかの間の休息。

DSC_0129.jpg

動物園で疲れて寝たはずの娘が、思いのほかすぐさま目覚めたので、文字通りつかの間の休息となってしまいました・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/75-d25ae24d

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。