--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/77-d0c881ba

03

13

コメント

ムスリム同胞団長襲撃事件@シティースターズ

一昨日、同胞団のムルシド(団長とか導師の意)المرشد العام لجماعة الإخوان المسلمينであるムハンマド・バディーウ محمد بديعが、エジプト随一のショッピングモールであるシティースターズCity Starsで襲撃されました。

襲撃された、といっても、殴りかかられただけで大事には至っていないのですが、私としてはこの「襲撃された」ことよりも、「シティースターズにいた」ことの方がよっぽどニュースなような気がしてしまいます・・・。

同胞団の公式発表によると、ムルシドはシティースターズにある「とあるレストラン」で家族と共に食事をしていたところ、ある若者に「政治的議論」を挑まれ、ムルシドが議論を打ち切ろうとしたところ、若者が襲いかかってきたが、レストラン従業員が中に入って彼を止めたため、大事には至らなかった、とのこと。

このカリームという名の若者自身がトーク番組「午後10時」に電話出演して、状況を説明しています。



彼によると、月曜日の18時半ころ、シティースターズのチリーズChili’sにムルシドがいるのをみつけて、「ちょっとあんた、ここ、アメリカのレストランだけど?」と言うとムルシドが、「ここがアメリカのレストランだとして、何が問題なんだ?」とこたえ、そこから口論が始まったそうです。カリームは「あんたは同胞団政権の長期化をはかろうとしているのに、こんなアメリカのレストランなんかにいていいのか?!」とかなんとかくってかかり、ムルシドは「神は私に、そんな質問に答える必要はないとお認め下さった」と答えたそうです。

カリーム自身はムルシドに殴り掛かったことは否定していますが、「お前をまたムショ送りにしてやる!」などとも言ったそうで、ムルシドはそんな彼に見下すような視線を投げかけたとか。

「午後10時」の出演者は彼に対して、「カリーム君、君こそ真の男だ!!」とか言って賞賛していましたが、どうなんでしょう・・・?

私も、もしシティースターズやチリーズでムハンマド・バディーウを見つけたら、そりゃあ見入っちゃうでしょうし、写真撮ったりするかもしれませんが、イフワーンの団長だからといって、シティースターズとかチリーズに行っちゃいけないとは別に思いません。

カリームは、ムルシドは偉ぶって一般人とはまともに口をきこうとすらしない、みたいに言いたそうでしたが、カリームの投げかけた言葉はかなり失礼で、ムルシドが「こんなアホと話しても意味ない」と思ったとしても(おそらくそうなのでしょうが・・・)、無理はないと思います。

このところ、周囲の人の話を聞くだけでも、同胞団に対する怒りや憤りを感じている人が多いことがよくわかりますし、それらの人々の中には議会選や大統領選で同胞団に投票したことを後悔している人が少なくないこともわかります。日本だって民主党に投票した人が「こんなはずじゃなかった・・・」みたいになることは普通にあるわけで、それ自体はいたって普通の現象だと思うのですが、エジプトの場合はその怒りの矛先というか、憤りの表現方法というか、そういったものが何か間違っている気がしてなりません。

カリームさんしかり、性懲りもなく繰り返されるデモしかり、先日裁判所が下した「議会選挙実施決定の無効化」という判断しかり、反体制派の議会選挙ボイコット宣言しかり。

本当にエジプトは、どこに向かって行くんでしょうか・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/77-d0c881ba

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。