--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/79-8c7a6c4d

03

17

コメント

エジプトの大気汚染と健康被害

日本でもPM2.5やら黄砂やらによる、健康被害を引き起こす大気汚染が問題になっていますが、カイロ@エジプトの大気汚染もかなり深刻です。

USAIDなどの調査(例えばこちら)によると、エジプトの大気汚染物質は主に以下のものに起因しているそうです。

・二酸化硫黄
・二酸化窒素
・鉛
・PM10やPM2.5などの浮遊粒子状物質(浮遊粉塵)

そして一番最後の浮遊粒子状物質なるものが、最大の要因だそうです。

やっぱりあるんじゃん、PM2.5・・・。PM2.5の値は、ふつうに「環境基準値を超えている」のだそうです。

そしてこれらのおもな発生源は、

・工業施設からでる排気(排気ガス対策をしていない工場多数)
・車の排気ガス(ディーゼルエンジンの車もまだ多い)
・農業廃棄物(稲わらなど)の焼却(稲わらを燃やす場所がないので野焼きにしている)
・道ばたでのゴミの焼却(みんな道で生活ゴミを燃やしている)

だそうで、いちいち思い当たる節があります・・・。

こうした大気汚染が特にひどくなるのが、野焼きがさかんに行われる10月と、コプト暦でアムシールと呼ばれる2月から3月にかけての砂嵐の時期です。

今年のアムシールは、2歳の娘も私も散々な目にあいました。

娘は2月半ばにまず風邪を引き、風邪がなおってからも咳が続いていました。咳をしてはいても、元気で食欲もあったのですが、さすがあまりに咳が長引いているので、行きつけの小児科医に行ったところ、「砂埃によってアレルギーが引き起こされ、咳が続いている」とのこと。対策は、「砂埃のあるところに行かない」とのことでしたが、カイロにそんなところありませんっ!!家の中ですら、砂砂してるのに・・・。

処方されたのはこちらの薬。

DSC05032.jpg

左のEucapholというのは、座薬なのですが、自然の成分(?)でつくられている「安心な薬」(医者談)だそうで、ヴィックスと同じ効果がある、とのこと。確かに、座薬自体からヴィックスのようなスースーしたにおいがします。こちらを朝晩と一日二回。

右のZyrtecは、有名なアレルギー薬ですが、こちらは寝る前に5ミリ。即効性があり、しかもかなり眠くなるらしく、これを飲むとすぐに「寝る」と言い出します。

これらを使うようになるとすぐ、娘の状態は改善しました。ということはやはり、砂埃アレルギーだった、ということのようです。

私はというと、娘から風邪をうつされ、その後どんどん悪化。咳がひどくなり、ついでに耳も痛くなって、耳が塞がったような、常に飛行機に乗って離陸体制に入っているときのような状態に。声は出なくなるし、黄緑色の不気味なタンはどんどん出てくるし、頭痛がひどくて頭がもうろうとしてくるし、もうこれは尋常ではないという体調でした。

しかしこのときちょうど事件が発生してものすごく多忙になってしまい、無理をして仕事をした結果、更に体調は悪化。事件が落ち着いて医者に行った時には、「気管支炎と副鼻腔炎を併発しています」とのこと。

がーーーーーーーーん・・・。

私が処方されたのはこちらの薬。

DSC05033.jpg

Clarinaseはアレルギーの薬、Mucosolvanはタンの薬、Rhinocort Aquaは点鼻薬です。

これに加えて、こちらが咳止め。

DSC05034.jpg

副鼻腔炎というものには初めてかかりましたが、かなり手強い病気です。何が大変かって、ものすごく長引くところです。私はもう1ヶ月以上たちますが、まだ治りません。鼻の付け根の奥の方に膿みがたまっているらしく、そこが痛いのはいうまでもなく、それが頭痛や咳や耳の塞がりを引き起こし、かなりつらい状況が続きます・・・というか、今でも続いています。

娘の症状も私の症状も、主たる原因はカイロの大気汚染です。

恐るべし、カイロ・・・。北京とか大変だねーなんて、言っている場合ではありません。

もうアムシールは過ぎ、日中は真夏のような暑さになってきていますが、窓を開けることは差し控え、エアコンをゆるく入れて、空気清浄機をガンガンに稼働させる日々が続いています。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/79-8c7a6c4d

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。