--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/88-bde4ad13

04

01

コメント

エジプトの砂嵐(ハムシーン)

エジプトの春は、砂嵐の季節です。

毎日砂嵐なわけではなく、時々「砂嵐の日」がやってきます。

今日はその「砂嵐の日」。朝起きて窓から外を見ると、すぐにわかります。

うちの目の前はこんな感じ。

DSC_0002_20130401211155.jpg

うちの右の方の、ゲジラ・スポーツクラブの上空はこんな感じ。

DSC_0004.jpg

通常この方向にはカイロタワーがそびえ立つのが見えるのですが、砂嵐のせいで何も見えません。

こんな風に、空が一面、黄色っぽい砂色に染まります。決して写真をセピア色に加工したりしていません。まさに、こんな色になってしまうのです。

この砂嵐は3月から4月にかけて時々発生し、たいていは1日で終わります。春に気温の上昇で発生した低気圧が、砂漠の乾燥した砂を巻き上げ、それが地上近くに降り注ぐ(?)ことでこんな状態になるそうです。

低気圧が巻き上げ、降らせるのは砂だけではなく、PM2.5やPM10などの浮遊粒子状物質や二酸化窒素、二酸化硫黄といった大気汚染物質も含みます。なので、この砂嵐は、単なる砂嵐ではなく、大気汚染物質の大放出日であると認識しなくてはなりません。

こういう日は一日中、なるべく外出しないに限ります。

エジプト人は日頃、エジプトの空気の悪さをさほど(全く?)気にする風でもなく生活していますが、砂嵐の日にはさすがに布で口元を覆って外を歩いたりしています。

ところでこの砂嵐。エジプトではハムシーンخمسينと言います。文字通りの意味は、「50」。なんでハムシーンって呼ぶの?とエジプト人に聞いたところ、「そういえばなんでだろう?」と逆に聞き返されてしまったので、ちょっと調べてみたところ、

1)エジプト人は、この砂嵐が50日間隔でやってくると信じていたから
2)この砂嵐の時期が、だいたい50日程度続くから
3)砂漠の温度が、50度にまで上昇するから

等々、諸説あるようです。

話はかわりますが、史上初のアフリカ人力士でありムスリム力士である人は、エジプト人なのですが、この人のしこ名が「大砂嵐金太郎」に決まった時、私にはこの黄色い街の光景しか思い浮かびませんでした・・・。

エジプト人でハムシーンが好きな人なんて誰もいないと思うのですが、大砂嵐金太郎氏自身はこの名前を気に入っているのかなぁ・・・?
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/88-bde4ad13

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。