--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/89-fee71b9d

04

02

コメント

エジプトの豚肉屋

今日は、気分転換のために買い物に行ってきました。

買い物といっても、目指すは豚肉屋です(笑)。

国教をイスラム教と定め、殆どの国民がイスラム教徒であるエジプトでは、豚肉はハラーム(禁忌)扱いされており、普通は豚肉を購入することはできません。

それでもエジプトは人口の1割程度がキリスト教徒であり、かつては彼らの中に豚を飼育、販売している人たちもいたのですが、2009年に豚インフルエンザが流行した際に豚が殺処分されて以降、エジプトの大地(?)からは豚が一掃されてしまいました。

日本人の中にも、豚肉を輸入して月に数度販売している人がいるのですが、そこにはまぁいろいろ奥様コミュニティーのあれこれがあったりしてどうも苦手なため、私は1度行ったことがあるだけです。

今日行ったのは、カイロの南部にあるマアーディーという地区にある、ドイツから輸入した豚肉&ソーセージの店。いつか行ってみようと思っていたのですが、なかなか時間がなく、今日が初めての来店です。

うちは運転手がサラフィー系(・・・)なので、豚の顔がどーーーん!みたいな看板が出ていたらどうしよう?!とかドキドキしながら行ったのですが、至って控えめな看板です。

DSC_0590.jpg

入口も地味。何屋さんか、全然わかりません。

DSC_0591.jpg

こじんまりした店内に、冷凍庫がならんでいます。

DSC_0589.jpg

そしてしっかりと、このマーク(笑)。

DSC_0586.jpg

これ、豚だからね、気をつけてね、と、アホでも解釈できる秀逸な(?)マークです。

冷凍庫の中には、豚肉の塊やスライスが詰め込まれています。

DSC_0588.jpg

ソーセージ類もいろいろあります。

DSC_0587.jpg

私は豚バラのスライスとロース、主人はソーセージをいろいろ選びました。

このソーセージ、帰宅後早速食べてみたのですが、「あ〜、これこれっ!これがソーセージ!」という味でした。エジプトにも鶏ソーセージとか牛ソーセージとかあるのですが、これが軒並みえっらくマズいのです。ソーセージは豚に限りますな、やっぱり。

せっかくマアーディーに行ったので、ジェラード屋に寄ります。

DSC_0593.jpg

お店で作っているジェラード。

DSC_0597.jpg

結構ヤミーです。

ついでにその近くの、韓国食材屋に立ち寄ります。

海苔とか・・・

DSC_0598.jpg

お菓子とかあります。

DSC_0600.jpg

店のおばさんに「○○ある?」と聞くと、案外あったりします。今日は、明太子とコチジャンを購入。主人はグミとかハイチューみたいなものを買っていました。

帰りの車中で、一緒に行った某氏と主人はグミとかハイチューを食べて、「これだよ、これ」とかしきりに言っていました。

豚肉とソーセージを買いに行くのが気分転換だったり、グミとかハイチューを食べて大喜びしたり、エジプトの生活ってのはいったい・・・という感じですが、まぁこれが現実です(笑)。

「日本のコンビニがエジプトに一軒でもあればなー」「100均がエジプト上陸とかないかなー」とみんなで妄言をはいていたのですが、私はメロンパンが食べたいな〜なんて思っていました・・・(笑)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/89-fee71b9d

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。