--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/91-491105a6

04

04

コメント

パンが値上がりする日

IMFのエジプトに対する融資実行の条件が、徐々に明らかになってきました。

エジプトの独立紙ワタンالوطنによると、その条件とは

1)物価を上昇させること
   特にタンク入りガスなど原油関連製品の値上げ
2)補助金の打ち切り
   特に生活必需品、電気、パンに対する補助金政策の打ち切り

の二つだそうです。

しかしパンに関してだけは、国民の怒りが爆発することを回避するために、補助金政策の打ち切りを次の議会選挙後まで先送りする、とのこと。

このようにサラっと書くと、たいしたことのない条件のように見えてしまうかもしれませんが、これはエジプトにとってはものすごく厳しい条件です。

以前も書いたように、エジプトは小麦粉や砂糖、油、米といった生活必需品の他、電気、パン、ガソリン、軽油など、様々なものに対して政府が補助金を支払うことにより、それらを安価で国民に提供する、という政策を長らくとってきました。

特にパンは、一枚5ピアストル(1円未満)という激安価格。1ポンド(14円程度)あればパンが20枚は買えるわけで、貧しい人々にとってはこのパンが生命線のようなものです。この激安パンはいつでもどこでも買えるわけではなく、これを一定量買うためには、毎日激安パン屋の前の長い列に並ばなくてはなりません。

こうしたことを勘案した上で、パンだけは値上げを先送りするということのようですが、この件と関係して、今日はこんな記事も掲載されていました。

DSC05045.jpg

ムスリム同胞団が1枚5ピアストルでパンを売るよ、という広告を出している、という記事です。そのためのパン屋ももう確保済みとのこと。

これは普通に考えると、ものすごく妙な話です。

この価格は政府の補助金ありきで保証されている価格なわけで、なんでそのパンを同胞団がわざわざ仲介して売るのかというと、人々に「同胞団が安値のパンを売ってくれている」という恩をきせるためだとしか思えません。

つまりこれは、公金を使っての同胞団および自由公正党の宣伝・・・といってよいでしょう。

せこい・・・なんてせこいんだ、ムスリム同胞団?!

こういうのを、「横領」というのではないか?!

政権維持したい→でも経済問題解決できない→同胞団のせいだって言われたくない→貧乏人に優しい同胞団というポーズをとり続けるにはどうすればいいだろうか?→安いパンは同胞団が売ってくれるってことにしよう!!

こういう感じ?

IMFはエジプトに対して既に、48億ドルの融資を約束しているのですが、上記の条件をエジプト側が受諾した場合に限り、その半額を融資することになる、と言われています。また条件を受諾しなかった場合には、4500万ドルの緊急融資しかしない、ということのようです。

エジプトは現在、財政破綻寸前、IMFからの融資はそれを回避するために必須という状況にあります。

エジプト政府の反応は言うまでもなく、それに連動して、同胞団がどんな手をうってくるか、見逃さずにいたいと思います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/91-491105a6

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。