--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/92-3f4d3d00

04

08

コメント

アインソフナ:Stella di Mare編

4月になったので、海開き。

カイロ在住者にとっての身近なリゾート、アイン・ソフナالعين السخنةに行ってきました。

以前書いたように、ソフナにはたくさんのリゾートホテルがありますが、私はステラが一番よいと思っています。ステラStella di Mareはホテルグループで、ソフナにはふたつホテルをもっているのですが、Grand Hotel Ain Soukhnaというホテルがおすすめです。

ザマレクの自宅からホテルまで、車で1時間半。

海開き気分の人が多かったのか、ものすごく混み合っていました。

客は殆どがエジプト人ですが、湾岸人やパキスタン人がいたり、私たちのような日本人、ドイツ人、アメリカ人なんかもちらほらいます。

DSC_0201.jpg

このロビーのすぐ外にプールがあり、プールの先にビーチがあります。

プールはこちら。

DSC_0377.jpg

手前が子ども用プール。水深30cmしかないので、うちの先日3歳になった娘も安心して遊ばせられます。

奥が大人用プール。深い所から浅い所までいろいろあり、滝もあります。結構広いので、のびのびと泳ぐことができます。

このプールは一応、ブルキニ禁止ということになっているのですが・・・

DSC05071.jpg

ブルキニの方もふつうにいらっしゃいます。

DSC_0282.jpg

エジプトのリゾートホテルの中には、絶対にブルキニはダメ!としているところもあるそうですが、私は個人的には別にどんな格好していてもよいんじゃない?と思っています。ブルキニは衛生的によろしくない、とかいって嫌悪する人も欧米にはいるそうですが、イスラム国なのに(だから?)ブルキニはダメなんて、ねぇ?

水着で体を覆っている面積が広いか狭いかなんて、どうでもよいじゃん?

ヨーロッパでは、日焼けや皮膚がんを危惧してムスリマではないのにブルキニを買う人もいると聞いたことがあります。

話はそれましたが、ブルキニですら絶対にありえない!という、こういうタイプの女性もエジプトのリゾートにはいます。

DSC_0287.jpg

ニカーブをかぶったままです。(ニカーブについての詳細はこちら

子ども連れですが、もちろん彼女自身はプールの中には入りません。子どもが溺れたりしたら、どうするつもりなんだろう・・・?と、つい余計な心配をしてしまいます。

このプールのすぐ向こうに、ビーチがあります。

DSC_0245.jpg

遠浅の海がずーーーーーーーっと続いていて、子どもが遊ぶにはぴったりのロケーション。

カニとかヤドカリをいっぱい捕まえることが出来ます。

DSC_0408.jpg

私もエジプト子どもに混じって、カニ穫りに興じます(笑)。

このホテルの宿泊費には、朝食と夕食のビュッフェがついています。

ビュッフェはこんな感じ。

DSC_0314.jpg

食事の内容は・・・かなり残念なレベルです。でも、エジプト人はみんな口を揃えて、「ステラの食事は最高だ!」と言います・・・。(つまり、私たちの方がおかしいんだと思います・・・。)

DSC_0315.jpg

夜になると、いろんなイベント(?)が目白押し。

子ども達は、Mini Discoで踊りまくり。

DSC_0341.jpg

かなり楽しいようで、うちの娘もここにくるたびにこのミニディスコをむちゃくちゃ楽しみにしています。

DSC_0324.jpg

大人はビリヤードをしたり・・・

DSC_0347.jpg

酒を飲んだり・・・

DSC_0355.jpg

バーには歌手がやって来て、夜通し歌っています。エジプト人歌手の日はちょっと・・・ですが、外人歌手の日は結構楽しめます。この日のおじさんの方の歌手は、かなり上手でした。娘も気に入って、かぶり付きで鑑賞(?)します。

DSC_0356.jpg

こんな感じで、ソフナの夜は更けていきます・・・。

ちなみにこのホテルにはスパが併設されていて、そこのマッサージはなかなかよいです。エジプト人にマッサージとかできないでしょ?!(失礼)と思っていたのですが、ここでマッサージをしてくれるのはタイ人女性たちで、みんな腕は確かです。

カイロの喧噪と汚れた空気から逃亡したくなったら、是非ソフナへ〜。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/tb.php/92-3f4d3d00

プロフィール

 飯山陽

Author: 飯山陽
イスラム思想研究者。専門はイスラム法。都内の大学でイスラム思想を教えていましたが、現在はエジプトのカイロ在住、メディアの仕事をしています。
イスラム国に関しては別ブログ「どこまでもイスラム国」をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。